おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

セクハラ撲滅のために!動画に思いを賭けたクリエイター達

米ドラマ『フレンズ』で人気を博した俳優のデヴィッド・シュワイマーらによる「セクハラ撲滅」プロジェクトについては、先日お伝えしたとおり。

その後、デヴィッド・シュワイマーと、元々の作品を作ったイスラエル系アメリカ人の女性ディレクターであるシーガル・アヴィン、クリエイティブ・ディレクターのマスダック・ラッシの3氏にコスモポリタン アメリカ版がインタビュー。彼らがこの動画製作に賭けた思いや、ハリウッドにおけるセクハラ事情、いつか娘と話したいことなどについて詳しく聞いてきました。

【3氏が手がけた動画プロジェクト、「#ThatsHarassment(それ、ハラスメントです)」】

――これらの話はどこまで実話に基づいているのですか?

シーガル・アヴィン:最初に書いた脚本は私自身の実話に基づいています。『俳優編』の動画です(注:この動画は、クリステラ・アロンゾ演じる衣装係に対して、ノア・エメリッヒ演じる俳優が性器を出して誘い、性的な嫌がらせをするという内容)。これは18年前に若い脚本家だった私が、当時有名だったあるスターに会いに行ったときのことです。彼の家で座って、コーヒーを飲みながら作品について話していました。私がお手洗いに立ち、戻ってくると、部屋にはコーヒーがあって、一見さっきまでと同じ風景が広がっていました。あるものが彼のズボンから出ていたことを除いては。あの場面の「見てごらん、誰か君に挨拶しに来たよ」という台詞は、あの時の彼の言葉そのままです。奇妙な出来事だとわかってはいたのですが、それが非常に侮辱的なことであり、自分が性的な嫌がらせを受けたのだと理解するのに、数年かかりました。ショックだったのは、脚本を書くために机に向かうと、つい昨日の出来事のように彼の言葉を思い出したことです。

デヴィッド・シュワイマー:僕は母からセクハラの話を聞いて育ちました。僕の家族は全員セクハラに遭っています。ありがたいことに、6歳の娘を除いてね。僕の母がロー・スクール(法科大学院)に通っていた頃は、400人のうちの4人しか女性がいなかったそうです。彼女は70年代から90年代にかけて、カリフォルニアで若き女性弁護士として働いていました。ハラスメントの話は尽きません。でも、母に動画のリンクを送ると、初めてこう言ったんです。「お医者さんにセクハラを受けた話、したことあったかしら?」って(注:『医者編』では、シンシア・ニクソン演じる患者が、マイケル・ケリー演じる医者にセクハラを受ける)。僕はただ驚いて、「ううん」って感じで。姉も若い頃に医者にセクハラを受けたことがあったと言うんですが、それも初めて知りました。

これらの動画を製作する過程で、繰り返し自分をこの時代に生きる女性の立場に置くようにしました。いつも物のように見られて、ありとあらゆる方面で"格下"として扱われることに慣らされていて、男性よりも劣っていて、見かけが大事だと言われ続けているとしたら、多くの女性がハラスメントを受けてもそれを認識できないのは十分理解できます。男性が自動的に与えられるような尊重を受けたことがないのですから。

――他にどんなことをこのプロジェクトから学びましたか?

マスダック・ラッシ:男性の1人としては、こんな感じでした。「若い頃、自分もこの一線を越えたこと、なかったかな?」ってね。本当に微妙なことですから。何人かの男性の同僚に見せたんですが、最初はコメディだと思った人もいたんです。「おお、これ面白いね」って感じでね。特にズボンから(ペニスを)出した瞬間とか。でも、突然、その中の1人がこう言い出しました、「いや、これはコメディなんかじゃない」って。で、彼らの心の中に起こる変化を見ることができました。もしこの動画を男性たちに見せて、彼らに考えさせることができれば、きっと自分の息子達にも"微妙なグレーゾーン"について教えるだろうし、そうなれば、僕らも大事なことに貢献できたなと思います。

アヴィン:本当に多くの男性や友人たちがこれを見て、この一線を越えるのは容易だと言っていました。(最初に動画シリーズが公開された)イスラエルの男性の多くが、これを見た晩、それまでの自分を振り返ってこう自問したそうです。「自分もこういうことをしたことがあるけど、いつだったかな? あれをしたのはいつだっただろう?」って。

シュワイマー:このプロジェクトに参加してくれた俳優の1人がリハーサルの後に僕を呼びました。彼はこう言ったんです。テレビ番組に出演する時に、時々スタッフの女性をハグすることがあるけど、そういうことはするべきじゃないかもしれない、と。男性スタッフにはそんなことをしたことはないし、そこには(無意識の)力関係が働いていたのだと気づいたそうなんです。女性達には選択の余地がない。彼のハグを受け入れるしかないと。彼はものすごく繊細で現代的な思考を持つ、いいヤツです。彼にとってそのことを認識できたのはとても興味深いことだったと思うし、僕にとってもそうでした。

――皆さんのお嬢さんが大きくなったら、セクハラについてどんなことを話したいですか?

アヴィン:はっきりと口に出すこと、ですね。私には娘が2人いますが、それがこの動画から女性達に受け取って欲しいメッセージです。つまり、話すこと、何が起こっているのかを知ること。自分が何を望んでいて、何を望んでいないか、よく理解し、恐れることなく口にすることです。

シュワイマー:そもそも今回の目的は、人々を励まし、彼らがハラスメントの被害者や目撃者、あるいはそれに気づいている人であれば、口を開く勇気を持ってもらうことなんです。現実に、こうしたことが職場という、プロフェッショナルな場で起こっています。つまり、権力関係が絡んでいるということです。問題は、復讐を恐れて目撃した人々が前に出ない、または口に出さないことなんです。でも、こんなのはおかしいと同意してくれる人が増えれば増えるほど、(被害者や目撃者は)発言しやすくなります。自分の背後に味方の軍隊を控えているようなものなのです。

――ハリウッドの環境についてお聞きしたいと思います。舞台の上にいて、セクハラの瞬間に遭遇したときは、どういうお気持ちですか?

シュワイマー:今頭に浮かぶのは、『カメラマン編』ですね(注:この動画では、関係者が大勢見守る中、ボビー・カナヴェイル演じるカメラマンが、アナ・ヴァン・パッテン演じる新人モデルに、カメラの前でのマスターベーションを強要する)。これはエンターテイメント産業に携わる者なら誰でも何らかの形で関係があります。僕がこの動画を気に入っているのは、部屋の中に大勢の証人がいて、誰もが共犯だということが描かれているからなんです。これは音楽にしろ、テレビ、映画、広告、ファッションにしろ、僕らの業界について最も問題にすべきことです。僕たちはこの業界の風土について本当に見直さなくてはいけないと思います。これは例えば、ビル・コスビー(2015年に性的暴行疑惑で逮捕された米有名コメディアン)が起こした事件とも通じます。あれはレベルが違いますが、元は同じ発想です。非常に多くの人々が、何が起こっているかを知りながら、黙っていたのです。

ラッシ:そう、(『カメラマン編』の)最後の部分はとても力強いシーンでした。カメラを左右に振ると、ごく普通にプロの人々の姿が見えてきて、中には昼食を食べている人もいます。このカメラマンやディレクターを責めることは簡単ですが、ここには実に40人もの人々がいるのです。

シュワイマー:ところで、モデルの若い女性だけがここでハラスメントを受けているわけではありません。あの部屋にいて居心地の悪い気持ちにさせられ、そこで起こっていることに従うしかないと思わされている人々は、皆ハラスメントを受けているのです。もしあなたが若いアシスタントか何かだとして、モデルの女性が自分の体を触るように言われ、カメラマンが「ペニスが固くなった」と話すのを聞かされているとしたら、あなたもまたセクハラの被害者なのです。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:mayuko akimoto

COSMOPOLITAN US



go to source

春水堂の夏限定ドリンク「タピオカマンゴーミルクティー」濃厚マンゴーを贅沢に使用

春水堂の夏限定ドリンク「タピオカマンゴーミルクティー」濃厚マンゴーを贅沢に使用

写真拡大

台湾カフェの春水堂(チュンスイタン)から、夏季限定ドリンクとして日本オリジナル「タピオカマンゴーミルクティー」が登場。2017年6月6日(火)から春水堂の全店舗にて発売される。

限定ドリンクは、マンゴーをジャスミンティーとブレンドし、タピオカを加えた一品。ほんのり酸味のきいた濃厚なマンゴーを贅沢に使い、爽やかな香りのジャスミンティーとミルクにブレンド、そしてたっぷりのクリームとマンゴーソースをトッピングした。マンゴーの甘酸っぱさとジャスミンミルクティーのまろやかなハーモニー、もちもちとしたタピオカの食感が一度に楽しめる。

ランチやティータイムに、夏らしいデザート感覚のドリンクを味わってみてはいかが。

【詳細】
タピオカマンゴーミルクティー(アイス)
発売日:2017年6月6日(火)
価格:650円+税
販売店舗:全店舗(テイクアウト可)


[写真付きで読む]春水堂の夏限定ドリンク「タピオカマンゴーミルクティー」濃厚マンゴーを贅沢に使用

外部サイト

  • 京都センチュリーホテルのスイーツブッフェ「抹茶スイートガーデン」宇治抹茶を使用したスイーツが食べ放題
  • グランド ハイアット 東京の限定スイーツ - 旬のチェリーを使ったガトーショコラなど
  • 進化する人気菓子 - 森永、ハーゲンダッツ、ロッテなど”スイーツの新しい形”


  • go to source

    コラボレーションプリ初日に人気モデルたちが来店!! 2ショットも撮れる期間限定プリを体験☆

    コラボレーションプリ初日に人気モデルたちが来店!! 2ショットも撮れる期間限定プリを体験☆

    写真拡大

     

     

    5月22日(月)から6月15日(木)までの期間限定で、ティーン向けWEBマガジン「Nom de plume」とコラボレーション中のコラボミニョン。

     

    なんと初日には人気モデルのmimmamちゃん、さらっちこと紗蘭ちゃん、菊池せいらちゃんがご来店!!

     

    S__13451266

     

    遊びに来ていたファンの子たちは大興奮♡

     

     

     

    実際に4人は各自のフレームで撮影開始☆

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    S__13459459

     

    さらっちはBGMに自身のソロデビュー曲「セブンティーン・シンデレラ」を選択♪

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

     

    いざ撮影タイム〜♪

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    フレームに合わせて同じポーズをするさらっち。

    うまく撮れていますね♪

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    mimmamちゃんたちは見切れないように、2人で写るのに必死!!

     

    みんな楽しそうに撮影していました!

     

     

     

    落書きタイムをちらっとのぞかせていただきました。

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    S__13459460

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    まるで2ショットを撮っているみたいですね♪

     

     

     

    プリの後は1プレイにつき1回回せるガラポンに挑戦☆

    金賞が出るとノンデ所属モデルとプリが撮影できる豪華商品が当たるのです!

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    図1.png1

     

    ひとり1回ずつ回しても外れ玉ばかり…。

     

    2巡目にしてようやく金賞を出すことができました!

     

    S__13451276

    S__13451267

     

    ぜひみなさんも挑戦してみてくださいね^^/

     

     

     

    また4人にはそれぞれ「この夏やりたいこと」を書いてもらいました。

     

    S__13451279

     

    プールや花火大会、海外に行きたいなどなど…夏ならではでいいですね!

     

     

    こちらの書いていただいたものは、コラボミニョン内にあるボードに貼ってあるので、遊びに来た際は要チェックです☆

     

    S__13451278

    S__13451274

     

    みなさんも書けるので、ぜひ書いて貼り付けてくださいね。

     

     

     

    4人に本日の感想などをインタビュー!

     

    ーー 実際に自分のフレームで撮影してみていかがでしたか?

     

    さらっち:「自分と撮っているのが不思議でした!でも実際撮ってみると高クオリティでびっくり。抱っこフレームもちゃんと中に入っているように撮れちゃうんです!!

     

    菊池せいら:「自分のフレームで撮ったら双子みたいになりました〜!私で双子みたいになったから、ファンの子達が撮ったら本当の2ショットみたいに写れちゃうと思う♡」

     

    mam:「mimmam4人いて気持ち悪かった(笑)。でも一緒に撮っている感はありましたよ!」

     

    mim:「思っていたより2ショット撮っている感ありましたね♪なかなかイベントとかじゃないと2ショット撮ることないけど、コラボミニョンだったら気軽に撮れちゃうのがいいですね♡」

     

     

     

    ーー 一緒にやって欲しいポーズはある?

     

    さらっち:「フレーム内にあるシャキーン&ハートのポーズは一緒にやって欲しい!!

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    菊池せいら:「ハートのポーズ♡私がやった時にすごくきれいにハマったからみんなにも挑戦して欲しいです♪」

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    mam:「フレームと同じポーズか、関連ポーズをやって欲しい。フレーム内にあるmimmamが2人で写っているバージョンのものを、2人以上で撮る時には上下になって撮らないと顔が切れちゃうので注意してください☆」

     

    S__13459460

     

     

     

    ーー 今日のコーデのポイントを教えて!

     

    さらっち:「トップスはjouetieのもの!セーラー服みたいな襟がポイント。上が派手めだからシンプルなデニムを合わせて、絶対サンダルはヒールで盛る!! 太陽に負けないギラギラさがテーマです☆」

     

    菊池せいら:「最近チュールがブームなんです。小6、中1の時から好きで、その時に買ったチュールのスカートは今でも履いています♪今日着ているのは原宿にオープンした「STYLE NANDA」にて購入したもの。私にとって白は珍しいんですが、小物に黒を合わせることで辛くするのが好きなんです♡」

     

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     

    mim:「最近赤が好き! パステルも着たくなるけど、夏だから原色というか濃い色のアイテムを着たくなるんです。今日はギンガムチェックのトップスと靴を赤で合わせて来ました♡麦わら帽子で夏っぽく仕上げましたよ!

     

    S__13451273

     

    mam:「mamは青××ピンクの3色コーデ!!時計はmimとお揃いなんです♪」

     

     

     

    ーー 最後に、ファンの方にコメントお願いします♡

     

    さらっち:「ぜひ私のフレームで一緒に撮ってください♪SNSとかにあげてタグ付けしてくれたら、いいね押したりとかコメントしに行ったりするので、ぜひみなさんも撮ってくださいね!」

     

    菊池せいら:「615日までやっているので遊びにきて、沢山プリ撮ってくださいね♪」

     

    mimmam:「mimmamと一緒にプリクラ撮ってね!抽選もあるので、ぜひリアルに撮れるチャンスをつかんでください☆」

     

     

     

    まるで2ショットを撮っているかのように楽しめちゃう「Nom de plume」とのコラボレーションプリは6月15日(木)目での期間限定です!

     

    ノンデ所属モデルとプリクラが撮れちゃうキャンペーンも実施されているので、ぜひコラボミニョンに遊びに来てくださいね♡

     

     

    コラボフレーム一気見せはコチラをチェック!

    ▼mimmamやさらっちフレームも登場!! 今度のコラボレーションプリには人気モデルたちが大集結!

    http://109news.jp/shibuya/

     

     

    ▼キャンペーン概要

    対象期間中にコラボレーションプリ機にて撮影いただくことで、1プレイにつき1回、ノンデ所属モデルとプリが撮影できる権利などが当たるキャンペーンへの応募が可能です。モデルにより、応募対象期間が異なります。

     

    実行期間:5月22日(月)〜6月3日(木) mimmam/紗蘭/菊池せいらとのプリ撮影

    5月22日(月)〜6月10日(土)松本鈴香/メル/小田川エリカとのプリ撮影

    応募条件:『collabo mignon』にて期間中にプリを1回撮影する

    賞品内容:mimmam/松本鈴香/紗蘭/メル/菊池せいら/小田川エリカとのプリ撮影(各20組40名様)等

     

    *賞品は無くなり次第終了となります。

    *キャンペーン内容は変更になる場合もございます。

     

     



    go to source

    好き避けは「職場」で多い? 好き避けと嫌い避けのちがい

    好き避けは「職場」で多い? 好き避けと嫌い避けのちがいの画像:キレイスタイルニュース 好き避けは「職場」で多い? 好き避けと嫌い避けのちがい
    同じ職場の男性に、目をそらされたりそっけない態度をとられたりして、「もしかして避けられている?」と感じたことはありませんか? 実はそれ、職場でよく起こると言われている「好き避け」かも! 今回は、男性100名の意見と専門家のアドバイスから、職場における「好き避けと嫌い避けのちがい」をご紹介します。



    ■職場で「好き避け」をしてしまう男性心理

    好きだからこそ、恥ずかしさから相手のことを避けてしまう「好き避け」。特に職場でこのような態度をとられると、どう対応するべきなのか困ってしまいますよね。こんなときには、男性の本音を探るのが一番です。職場ではさまざまなことを考えて、つい「好き避け」をしてしまう男性も多いという噂もありますが、本当なのでしょうか? その実態について、さっそく調査してみましょう。

    ◇男性に聞いた! 職場で「好き避け」、したことある?

    まずは、職場で気になる女性ができたことがある男性にアンケートをとってみました。

    Q.あなたは職場で気になる女性に、つい避けてしまったりそっけない態度をとってしまったりする「好き避け」をしたことがありますか?

    はい……32.9%

    いいえ……67.1%

    約3人に1人が「好き避け」をしたことがあるという結果に。「好きなのに避けてしまう」というわかりにくい態度をとる男性は、一定数存在しているようです。


    go to source

    いや、中身も大切です!男性が思う「女子モドキ言動」って?

    いや、中身も大切です!男性が思う「女子モドキ言動」って?

    写真拡大



    現在放送中のドラマ『人は見た目が100 %』(フジテレビ系)で聞かれる「女子モドキ」というワード。「女子モドキ=女子力ゼロ」ということなのだそうですが、実際のところ女子が思う「女子力」と、男子が思う「女子力」って全く違うものだったりしますよね。そこで今回は、男性が「どんなにかわいくても『マジあり得ないわ〜』」と思ってしまう「女子モドキ言動」についてリサーチしてみました。

    ■1.ハンカチ・ティッシュを持っていない

    「メイク用品は大量に持ち歩いているのに、ハンカチやティッシュは一切カバンに入っていない子。見た目ばかり取り繕っていて中身ゼロって感じがする」(25歳/医療関係)

    たいていのトイレにはハンドドライヤーやペーパータオルがあるため、ハンカチを持ち歩かない女性が増えているよう。またティッシュも「普段ほとんど鼻をかまないから」などの理由から、バッグに入れておかない人もいるみたい。でもこれらっていつどこで必要になるかわからないものなので、とりあえず持っておくのが基本かつベストです。細かいことかもしれませんが、こういった日ごろの持ち物から、相手の内面を見ている男性もいるようですよ。

    ■2.お酒を飲むと暴れ出す

    「見た目小動物っぽいのに、お酒が入った瞬間イスに乗って大股開きで騒ぎだした子にはビックリした。本人は覚えていないって言っていたけれど、こちらはバッチリ記憶していますからね…」(22歳/大学生)

    普段はおとなしくてかわいらしいのに、お酒を飲むと楽しくなっちゃって暴れ出す。こんな酒癖の悪い女性も、周りからの印象ガタ落ちです。日ごろとのギャップが大きいぶん、よけいに男性から引かれてしまうんでしょうね。また、やたらコールをしたり、無理やり男性にお酒をすすめる行為もNG。次からデートに誘ってもらえなくなっちゃいますよ。

    ■3.いろんな男性に色目を使っている

    「自分がカワイイのをわかっていて、男遊びしまくっている女子はムリ!本人は『女子力があるから男を落とせる』って勘違いしているっぽいけど、それは大きな間違いだよ」(27歳/広告)

    小悪魔女子=女子力が高いというわけではありません。むしろモテることばかりにとらわれた言動は下品なだけ。女子力どころか、ただの尻軽女だと思われてしまいます。佐藤聖良役のブルゾンちえみさんのネタのように、「自然と男はやってくるから〜!」と余裕を持っていたほうが、男性からも「イイ女」と思ってもらえそうです。

    ■4.頑張っている人をバカにする

    「真夏に外で働いている男性を見て、『こんな仕事しかできないなんて〜』と上から目線で批判した子がいた。いくらかわいくても彼女にはしたくないと思いました」(26歳/食品)

    「キラキラしたものだけが女子力」と勘違いしているからこそ、このように一生懸命頑張っている人をバカにした発言が出るのでしょう。でも真の女子力って自分のものさしだけで人を測るのではなく、相手の心もくみ取れることを指すのだと思います。偏見ばかりを持つのではなく、まずは相手の立場を理解することからはじめてみましょう。

    ■おわりに

    どんなに見た目に全力を注いでいても、中身がすっからかんでは意味がありません。これらの「女子モドキ言動」は控えつつ、内面から品がにじみ出る女性を目指してみましょう!(和/ライター)

    (ハウコレ編集部)



    go to source

    規約
    ・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
    ・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
    ・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
    リンク
    記事検索
    ニュース
    • ライブドアブログ