おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

「デートなのにケチすぎる」正直ドン引きした男性の金銭感覚4つ

節約上手な男性といえば「しっかりした金銭感覚!」な感じがしますが。度が過ぎると「デートなのに、ケチすぎる!」とガッカリしてしまうこともありますよね? やりすぎた節約に「ドン引き」してしまうなんて場面も……。
今回は女性たちに聞いた「ガッカリ彼の金銭感覚」についてご紹介します!

正直デートでドン引きした「彼の金銭感覚」4選

1. 「おごるよ」と誘ってファーストフード

「今日はおごるよ」とドヤ顔で誘ってきたのに「ここでいい?」と激安な定食屋やファーストフードだったときに「ワンコインかい!」とガッカリしたという声も。おごってくれるのはうれしいけど、だったら事前に宣言しないでお会計のときに「ここは俺が」とスマートな対応をすべき……?

「おごるよと行って、某ファストフード店に連れていかれた。気持ちはうれしいけど、おごると宣言したのに『ケチ』を発揮するのは残念な気が……。なんか『安っぽく見られてるのかも』ってガッカリしませんか?」(29歳・アパレル勤務)

▽ ワンコイン程度の女って思わないでよね、と心の中でモヤモヤしそう。

2. デートで「カフェで休憩」を拒否する

「喉が渇いたから休憩しよう」という彼女に、ペットボトルのお茶や缶コーヒーを買おうと提案する彼。カフェでひと休みを「お金がかかる」と拒否されて「ケチすぎる」とドン引きしたという声もありました。「カフェのドリンク? だって高いだけじゃん……」そんなこと、言わないで。

「デートのときにカフェで休もうと言ったら『え〜高いから、缶コーヒーでいいでしょ!』と言われたことがある。ひとりならいいけど、デートのときは数百円くらいケチらないで欲しい!」(30歳・メーカー勤務)

▽ なかには「家から持参した水筒」で済ませようとされたというケチエピソードも。

3. 電車で移動のとき「一番安いルート」検索

電車で移動して出かけるときに「俺、定期あるからさ」と自分にとっての「一番安いルート」で行こうとする男性。「いや、私にはあんまり意味ないんだけど」とドン引きしたという声もありました。安いからと時間がかかるルートで行くのも、なんだかな〜。

「電車ででかけるときに『俺の定期が使えるから、このルートで行こう!』と、自分だけが安くなる行き方を検索する姿を見て『この人とは、もうデートしない』って思った」(27歳・ネイリスト)

▽ ケチもだけど、自分だけが得しようとするその自己中精神にもガッカリしそう……。

4. プレゼントが「明らかにお金がかかってない」

誕生日のプレゼントが「手作り」「もらいもの」と、明らかにお金をかけていないこともドン引き? 特別な日なのにケチるなんて、自分を安く見られた気分になってしまうものですよね。値段は重要ではないけれど、それなりのものだと「大切にされてるな〜!」とうれしくなるのが女心なのかもしれません。

「誕生日の日に、明らかにもらいものと分かる粗品を渡されたことが。『お金ないからごめんね』といわれても、大事にされてない気がして悲しかったですね〜(笑)」(31歳・IT関連)

▽ お金をかけなくても、せめてそれなりの「気持ち」を込めて欲しいものです。

まとめ

節約しようとするのはいいことですが、相手にまで「ケチ」をつらぬくのは「なんだかな〜」と思ってしまうもの? たまには「節約デート」も楽しいけれど、毎回だと「残念」な気分になりそう……な気がしませんか?



go to source

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ