おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

FASHION HEADLINE

【生中継】バーバリープローサム15-16AWメンズショーをライブ配信。本日22時より

「バーバリー(Burberry)」が、ロンドンで開催する「バーバリー プローサム(Burberry Prorsum)」の15-16AWメンズコレクションショーの模様をライブストリーミングで配信する。1月12日22時(現地時間13時)より。

ショーの模様は、公式サイトや公式フェイスブックアカウントでも観覧出来る他、ショー終了後には、オンデマンドで閲覧可能。公式ツイッターアカウントやサマリーアカウントでも、ランウェイルックやバックステージの写真などを随時配信する。

また今回も、ショー終了後、ランウェイで発表されたアウターウエアとバッグを予約・購入出来る eコマースサービス「Runway Made To Order」を公式サイトで2週間限定で実施。オーダーしたアイテムは、約9週間以内に配送される。また、期間中に予約・購入したアイテムに名前を刻印できるサービスも用意されている。

ショーの模様は下記のスクリーンでも中継します。

Your browser does not support iframes



go to source

映画賞レース混戦!カンバーバッチ&エディ・レッドメインらが挑む実在の天才達

日本時間1月12日に行われる第72回ゴールデン・グローブ賞授賞式を皮切りに、いよいよ本格化する賞レース。特に「主演男優賞」を始めとする主要部門は、代名詞となる大ヒット作を擁し世界的ブレイクを果たした英国俳優や、ハリウッドを次に背負って立つ者、従来のイメージとはガラリと異なるキャラクターに挑んだ者たちがひしめき合い、混戦模様となりそう。

しかも、彼らの多くが、実在の人物、とりわけある分野における“天才”といわれる人物を演じているのが、大きな特徴だ。その“天才”たちに注目した。

■エディ・レッドメイン&ベネディクト・カンバーバッチ、2大英国俳優で“理系”対決

まずは、『レ・ミゼラブル』のマリウス役で日本でもファンを増やしたエディ・レッドメインが、“車椅子の天才”と称される物理学者スティーヴン・ホーキング博士を演じる『博士と彼女のセオリー』(3月13日公開)。

その著書「ホーキング、宇宙を語るービッグバンからブラックホールまで」は世界1,000万部を売り上げ、現代宇宙論に多大なる影響を与えた。本作は、学生時代にホーキング博士と出会い、献身的に彼を支え続けた女性の自伝を基に映画化。難病を抱えながら、現在も精力的に研究と講演を続けている博士の知られざる半生と、フェリシティ・ジョーンズが演じた妻ジェーンとの25年間におよぶ、ふたりの愛の“セオリー”を描き出していく。

エディは、21歳で余命2年の宣告を受けてから、徐々に病が進行していくホーキング博士を熱演。萎縮していく体と、その一方で、むしろ豊かなほどに表情を形作っていく瞳や眉の動きまでそっくりに演じてみせ、博士自身から太鼓判を押されたほど。電動車椅子に乗り、音声装置を介して会話をするその姿は、まさに博士の生き写しのようにも見えてくる。

本作でエディは、第68回英国アカデミー賞(BAFTA)、ゴールデン・グローブ賞など「主演男優賞」、フェリシティも同じく「主演女優賞」の候補となっており、第87回アカデミー賞においても有力候補と目されている。

また、同じ天才でも、「SHERLOCK/シャーロック」のベネディクト・カンバーバッチは、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』(3月公開)で第2次世界大戦中にナチスドイツの暗号<エニグマ>を解読した数学者に扮した。実は彼も、かつてBBCのTV映画でホーキング博士を熱演したことがある。

本作で演じた天才数学者アラン・チューリングは、大戦下、史上最強といわれた暗号機<エニグマ>を解読、やがては戦争を終結させ、1,400万人もの命を救ったとされる人物。彼が暗号解読の中で見つけた概念は、現代の必需品コンピュータの礎ともなる世紀の創造だった。だが、その後、アランはある秘密によって悲運な運命を辿ることになってしまうのだ。

カンバーバッチは、人付き合いがやや苦手なこの天才役もハマり役となり、共に暗号解読に挑んだキーラ・ナイトレイら仲間たちとの関係は、単なる伝記映画とは一線を画すヒューマン・ドラマともなっている。『それでも夜は明ける』などを送り出した“アカデミー賞直結”とされるトロント国際映画祭「観客賞」を受賞しており、カンバーバッチも英国アカデミー賞など「主演男優賞」に軒並みノミネート、アカデミー賞ノミネートも確実視されている。


■アーティスト&レスラー&スナイパー…心を揺さぶる各界の“天才”の半生

一方、ウソのようなホントの夫婦の出来事を鬼才ティム・バートン監督が映画化した『ビッグ・アイズ』(1月23日公開)には、“画家”の天才が登場。60年代のポップ・アート界に一大ブームを巻き起こし、アニメ「パワーパフガールズ」などやバートン監督自身の作風にも大きな影響を与えた、大きな瞳の子どもたちの絵“ビッグ・アイズ”。

内気で口下手な妻マーガレットを演じたエイミー・アダムス、口八丁手八丁でやけに人に好かれる“人たらし”の夫ウォルターを演じたクリストフ・ヴァルツは、そろってゴールデン・グローブ賞ミュージカル/コメディ部門「主演女優賞」「主演男優賞」にノミネートされている。

さらに、スティーヴ・カレル、チャニング・テイタム、マーク・ラファロと、3人の人気実力俳優で描くのはレスリングを取り上げた『フォックスキャッチャー』(2月14日公開)。コメディのイメージが強いカレルが、笑顔を封印。付け鼻を付けて臨んだ五輪強化チーム“フォックスキャッチャー”代表の大富豪デュポンは、登場した瞬間から圧倒的な存在感を見せる。

本作で、揃って金メダリストでありながら正反対な性格である“天才兄弟”マーク&デイヴ・シュルツを演じるのが、チャニングとマーク。チャニングは『マジック・マイク』のときとはまた違う“レスラー”らしい筋肉を付け、渾身で本作に挑んだ。また、マークも本人激似の役作りを見せており、そんな兄弟のトレーニングシーンには異様な雰囲気さえ漂っている。

ベネット・ミラー監督がカンヌ国際映画祭「監督賞」を受賞している本作では、ゴールデン・グローブ賞「主演男優賞」(ドラマ部門)にスティーヴ、「助演男優賞」にマークがノミネート。オスカーではスティーヴとチャニングで「主演男優賞」Wノミネートの可能性もあるという。

そして、全米で12月25日クリスマスに公開され、がぜん注目を集めているのが、ブラッドリー・クーパーが実在の天才“狙撃手”クリス・カイル役で主演した、クリント・イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』(2月21日公開)だ。

12月に発表されたナショナル・ボード・オブ・レビュー賞で、イーストウッドは「監督賞」に輝き、「作品賞トップ10」にも選出。新年早々、アカデミー賞の行方を占う米製作者組合(PGA)賞、さらに米脚本家組合(WGA)賞「脚色賞」にもノミネートされ、ここへきて台風の目となりそうな勢い。

製作も務めたブラッドリーは、実在した海軍特殊部隊ネイビー・シールズを演じるため、厳密な食事制限とトレーニングで約18kgも体重を増加させて体を作り、仲間からは“レジェンド”、イラク側からは“悪魔”と称された役柄に真摯に挑んでいる。

いずれも、実話に基づく“天才”たちの物語には、人としての愛と喜びのみならず、その才能ゆえの苦悩と葛藤を抱えた数奇な運命が描かれ、見応え十分。果たして、この中から栄えある栄冠を手にする者はいるのか、今後の動向に注目していて。


go to source

アンダーカバー展覧会、エシカル特集、BAO BAOコラボバッグ…【週末のまとめ(1/10~12)】

1月10日から12日の注目記事をピックアップ!見逃した記事はありませんか?

アンダーカバー、東京オペラシティで10月に展覧会開催
東京オペラシティアートギャラリーが2015年度(15年4月から16年3月)の展覧会ラインアップを発表し、今年ブランド設立25周年となる「アンダーカバー(UNDERCOVER)」のエキシビションが開催されることが決定!期間は10月10日から12月23日まで。

新しいファッションが始まる時。ITC/EFIとUAの取り組み2/2【エシカル特集】
2014年12月11日、「エシカル」について考えるパネルディスカッションが新丸ビルで開催された。パネリストは、国連機関ITC(International Trade Centre)からアランチャ・ゴンザレス、同機関が行うプロジェクトEFI(The Ethical Fashion Initiative)運営者のシモーネ・チプリアーニ、ミラノコレクションで活躍するデザイナーのステラ・ジーン、ユナイテッドアローズの上級顧問であり、同社新レーベル「テゲ(TEGE)」 生みの親・栗野宏文。「新しい世界を切り開くエシカルなファッション」「ファッションは人々を幸せにできるか?(前編で紹介)」をテーマに繰り広げられた熱いディスカッションの模様をレポート。

BAO BAO ISSEY MIYAKE×エムテド、デバイスをスリムに収納するコラボバッグ発売
クリエーターとのコラボレーションによって商品を開発するシリーズ「BAO BAO PARK」の第6弾は、デザイナーユニット「エムテド(MTDO inc.)」を起用。縦長のバッグには、同じく三角ピースで作られた折り畳み式のインナーパッドが付属し、様々なデバイスをスマートに収納出来るよう計算し尽くされている。

ナイキ、シュプリーム手がけるアリ・マルコポロス写真集。故郷オランダの日常風景【ShelfオススメBOOK】
ストリートカルチャーやボードカルチャーを長年ドキュメントしている写真家、アリ・マルコポロスのZINスタイルの写真集。根強いファンを獲得しているスイスの出版社「ニーヴス(Nieves)」の新作ということで、日本でも注目を集めている1冊だ。

シュウ ウエムラから漆器の赤をイメージしたリキッドルージュ15色登場。山田平安堂コラボカラーも
2月1日、日本の伝統工芸品である漆器の赤色からインスピレーションを受けて開発したリキッドルージュ「ラック シュプリア」が発売される。宮内庁御用達の老舗漆器店「山田平安堂」とのコラボレーションから生まれた特別カラーも登場!

シュウウエムラ、6種の質感のヌードカラー16色がそろうアイシャドーパレット発売
上記のルージュと同日には、ヌードメイクからスモーキーアイまで様々なグラデーションを作ることが出来る、16色のヌードカラーをセットした初のアイシャドーパレット「シュウ パレット」も新発売。数量限定なので早めに押さえておきたい。

ちなみに、本日1月10日はオーランド・ブルームの誕生日です。


go to source

ライカでヨーロッパを撮り下ろした白黒写真展が中目黒で開催

写真家・嶋本丈士の写真展「Still Dreaming moments of leica X vario」が東京・中目黒のレストラン「マルコヴィッチ(Malkovich)」にて1月15日から開催される。

この個展では、嶋本がライカ(Leica)のカメラ「ライカXバリオ(Leica X vario)」を使用してポーランド、フランス、チェコを巡って撮影したものが展示される。嶋本はコンセプト「夢が覚めないような感覚。旅先の何気ない一瞬も写真に納めることでその写真を見れば夢に中に戻れる」のもと、白黒のカットを撮り下ろした。なお今展はポスター印刷で、気軽に購入できるようにする。A1サイズ、8,000円前後を予定。

初日19時からはレセプションを開催(入場無料)。先着100名にはA2ポスターがプレゼントされる。

嶋本は1983年千葉県出身。2007年米・アカデミー・オブ・アート大学の写真科卒業。09年には『スタジオボイス』別冊『日本の100人の写真家』に選ばれる。14年には麹町の取り壊しビルで行われたアートイベント「#BCTION」を主宰した。


【イベント情報】
Still Dreaming moments of leica X vario
会場:マルコヴィッチ
住所:東京都目黒区上目黒1-26-1アネックス3階
会期:1月15日から常設
時間:11:30から15:00、18:00から24:00(土・日曜日、祝日は17時から)


go to source

ユニクロ×イネスの2015年春コレクション。南仏の自然がキーワード

ユニクロ(UNIQLO)」は1月15日、15年春のイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Ines de la Fressange)コレクションを発売する。

コレクションではオーセンティックなアイテムの中にも、フェミニンさが感じられるようなコーディネートを提案。ネックラインの開き、女性らしいボディラインを浮かび上がらせるフィット感など、ディテールに遊び心を取り入れた。

そんなイネスらしさを感じさせるスタイリングを引き立てるのが、今回のシンボリックカラーとなる、南仏の自然を彷彿とさせるキャラメルカラーだ。さらに、シャツ(2,990円)にインディゴカラーを組み合わせるなど、春らしいカラーバリエーションを展開。花柄ワンピース(2,990円~)にもバニラカラーを使用し、色の濃淡でヴィンテージな風合いを演出している。

その他、ヴィンテージテイストのスポーツジャケットやスウェットシャツが、今回新しくコレクションに加わった。どこかメンズライクなシルエットを持つヘリンボーンジャケットでは、女性らしさを表現する丸ポケット、遊び心を感じるストライプ柄の裏地などを採用。昨年好評だったステンカラーコート(9,900円)も、ラグランスリープを採用して、キレイ目なデザインの中にも女性らしさを表現している。

春コレクションは全世界で順次発売される予定。銀座店、マルシェ プランタン銀座店、吉祥寺店、新宿高島屋店、UNIQLO OSAKA店、及びユニクロオンラインストアではコレクションのフルラインが提供される。

発売に先駆けてイネスは「ファッションは楽しまなくてはね、遊びのように。私がモードの世界で学んだことは、たくさんの服がなくても、エレガントさは表現出来きるってこと。このコレクションは、とても着やすく、合わせやすい。世界中のどんな女性にも似合う服だと思うの」とコメントしている。

なお、2月下旬には夏のイネスコレクションが発売される。こちらは、地中海やマラケシュなどへのサマーバケーションに合わせたアイテムを展開。夏の太陽の下で撮影したスチール写真をイメージしたナチュラルなカラー展開の中に、バニラやライムストーングレイといった新色を取り入れる。これにより15SSシーズンを通して、全95アイテムが提供される予定だ。


go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ