おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

Menjoy! メンジョイ

ガッカリされないよ!私が自分の「Bカップ」をこよなく愛する理由6つ

1:不要な時はその存在を消し、寄せれば見栄え良し

Bカップのおっぱいって、本当に自由自在。

ヨガやジムなど本気でトレーニングモードに入る際は、正直おっぱいは不要。そんな時はスポーツブラを利用することで、完全に存在を消し去ることが可能です。

一方、ちょっと女らしさをアピールしたいときなどは、胸が寄り易い形状の下着を使えば、見栄えも十分楽しむ事が出来るのです。

 

2:夏はブラレットとTシャツを存分に楽しめる

日本でも流行り始めたブラレットですが、大きすぎるといやらしくなり、小さすぎるとぺったんこになってしまうのが難点。

でもBカップなら、ブラレットとTシャツで夏を快適に過ごすことが可能です。

Tシャツの下に感じるナチュラルなおっぱいの雰囲気は、Bカップならではです。

 

3:何といっても若見えする

おっぱいが大きいと、どうしても身体に丸みを感じさせて、おばさんっぽく見えてしまうのが難点。

その点Bカップのスレンダーなおっぱいは、若見えを保証してくれる優れもの。

背筋を伸ばしたときにツンと上がったおっぱいほど、若々しいものはありません。

 

4:Cカップまであと少し……つまり、ほとんど同じようなもん!

男性の理想はCカップ……なんて話題を耳にして、気を落とした経験がある女性は筆者だけではないはず。

でもBカップとCカップ、別々に見たときに、どれだけの男性が一目で見分けられるだろう? だってほとんど同じじゃない!

あとちょっと……ちょっとだけ頑張れば手が届くCカップ。それなら別に、今だってOKでしょ!?

ま、負け惜しみじゃありませんよ……?

 

エロ過ぎないから同性ウケもばっちり!

ちょっと胸を強調した服を着たとしても、胸が大きすぎないせいか、同性からも大目に見てもらえるのも、Bカップのオイシイ点。

大きな胸をこれ見よがしに見せつけるのは品がないし、同じ女性から嫌われるけど、Bカップなら全然大丈夫!

 

脱いでガッカリされたことなんてないもん!

大きい胸が良いと言われ続けて虐げられてきた小さめおっぱいたち。

でも筆者はこれまで、Bカップおっぱいを披露してガッカリされたことは一度もありません!

私達が愛してやまないBカップのおっぱい。自信をもって見せつけてやりましょう。

 

いかがでしたか? Bカップのおっぱいにはこれほど自慢できる点があるのですから、もちろん、AカップにだってFカップにだって、山ほど自慢できるところがありますよね。

「自分のおっぱいが好き」って本当に最高なこと。おっぱいに限らず、自分自身を愛することはすばらしいこと。自信をもっていきたいものです。

 

 

【参考】

約85%の男性は、ぽっちゃり・太めの女性とは海に行きたくない!?一緒に海に行きたい女性芸能人ランキング発表 – 品川美容外科

 



go to source

おっ!いつも髪をおろしている女子の「アップヘア」を見て男子が思うこと

普段はダウンスタイルな女子がアップにすると……「イイね」!?

季節はまさに梅雨。普段はダウンスタイルな女子でも、梅雨の時期はうねりやゴワつきが気になって、“まとめ髪”をセレクトしたくなるものです。

筆者は生まれつきのクセ毛なので、雨が降りそうな日やザーザー降りの日にはアップスタイル一択です。

先日、そんなアップスタイルな筆者を見て「おっ、今日の髪型イイね!」と驚いた顔でお褒めの言葉を頂戴し……。

えっ? そう? ダウンスタイルな女子がアップスタイルにすると、グッとくる……!?

予想外の展開に興味が湧いたので、“どこがどんな風にイイのか”男子たちにホンネを聞いてみました。

 

1:うなじを見られて得した気分(笑)

まず、筆者のアップスタイルを褒めてくれた男子A(44歳)にその理由を直撃。

すると……。

A「普段は見られない“うなじ”を見られて得した気分だ(笑)」

とのこと。

そんなこと言っても、普段からアップスタイルにしている女子も多いだけに、うなじなんて地下鉄の車内だってたくさん拝めそうなものですが……?

A「顔見知りで普段は見られない人のが見られた、っていうのが得した気になる」

筆者「“この子のうなじ、こんななんだー”とか?」

A「そこまでは考えないけど、本能かね?」

普段は見られないパーツを見られた喜びは“本能”でもあったのですね。

なるほど、と感じた筆者です。

 

2:色気を感じてイイ

「ダウンスタイルの女子がアップスタイルにしたときに、グッときたことある? あるならその理由はナニ?」とのLINEに、一目散に返信してくれたB(38歳)。

彼がグッとくる理由は「色気を感じる」でした。

筆者「どんなところに色気を感じる?」

B「髪をおろしていても色気は感じるんだけど、まとめている髪型って男にはできないだけに、女らしさを感じる」

自分では絶対にできない髪型だけに、無条件に“女らしさ”を感じる。女性には分からない感情かもしれませんね。

 

3:キリッとした印象に変わって見惚れる

C(38歳)は、「普段髪をおろしている子がアップにすると、キリリと変身した感じがしてイイ」とのこと。

筆者「ぼやけた印象から、シャープな雰囲気に変わるってこと?」

C「そうそう。髪を上げた時って、不思議と表情まで変わって見える気がするよ」

髪の毛を上に上げると、重力に逆らって皮膚が引っ張られる効果は筆者も時短美容家として検証済み。

目元がキリリとし、全体的に表情がキリッと見えるのも「おっ! イイね!」と見惚れさせるキッカケにできるようですね。

 

今回は、普段はダウンスタイルの女子がアップスタイルにすると「おっ! イイね!」と思ってくれるという男子たちのホンネに迫りました。

梅雨時期は、まとめ髪が重宝します。「おっ!」と思わせるモテテクとしても積極的にセレクトしてみて!

 



go to source

エッチの話題はゼロ!男が彼女について男友達に語っているコト

1:エッチに関する話はゼロ!

女は、彼氏だろうがワンナイトの相手だろうが、上手だったかとかサイズの大小だとかについて、女友達と語り合いますよね。

ところが男は、こと自分の彼女については、胸の大きさやベッドのテクなどを男友達には一切何も言いません。

なぜかと言うと、そんな話を男友達にしたら、自分の彼女の裸やエッチを想像されてしまい、下手に興味を持たれたら困るからです。

それに、「大切に思っている女性を尊重したい」という思いもあるので、その点については完全に沈黙を守ります。

ところが都合の良い女の場合、話は別!

ところが、セフレやキープ程度の女性とのエッチについては、自慢話やモテ話として披露することがあるので要注意!

筆者には、毎週末一緒に飲んでいる外国人の男友達が多数いるのですが、そのうちの一人が、セフレから送られてきた少しエッチな写真を周りに見せびらかしていたことが……。

筆者にも見えてしまったのですが、おそらくその女性は、彼だけにしか見せないつもりで送ったと思うんですよね。

もし、彼が彼女を恋人として尊重していたならば、決して人に見せるようなことはしなかったハズ。

もし、あなたが今の彼にとって都合の良い女だったら……あなたに関する“恥ずかしいアレコレ”を、男友達に言われている可能性があるかもしれません。

 

2:二人の馴れ初め

彼があなたに恋していたら、自分の彼女を周りに自慢したくなるし、そんな素敵な女性をどうやって手に入れたのかも、男友達に語って聞かせたくなるものなのです。

周りに自慢したくなるような女性をゲット出来た自分は、言ってみれば“レベルの高い男”ということになります。

なので、二人が出会った馴れ初めや、そこからどのようにあなたをデートに誘って口説き落としたか、なども言いたくなる心境に。

もちろん、その時は1番で述べたように、“エッチな部分”を抜きにして語ります。

言ってみれば、「素晴らしい女性を恋人にするための過程」を男友達に語ることは、男のプライドとエゴを誇示するチャンスという訳です。

 

3:ノロケのようなグチ

彼女に夢中な男も、たまには彼女に関する、ちょっとしたグチを男友達に漏らすことも……。

いつも一緒に飲んでいる男友達同士の会話に耳をそば立てていると、「彼女と同棲を始めて、自分の時間を前みたいに持てなくなった」とか、「最近彼女が家でご飯を作ってくれるようになったから、何だか太ってきた」といった、ノロケのようなグチをよく耳にします。

本人はちょっとしたグチを言っているのかもしれませんが、男友達にしたらノロけにしか聞こえないような内容ばかり。

男が本気で男友達にグチる時は、かなり関係がマンネリ化しているとか、彼女への気持ちが冷めてきた時だと言えます。

 

いかがでしたか!?

要は、彼にとってセフレやキープといった都合のイイ女にならなければ、自分に関する恥ずかしい話を男友達にされることはないということです。

人に聞かれたくない話をされないようにするためにも、本命女子になれるように頑張りたいものですね!

 



go to source

「あの人モテそうだな…」という男にこそ効果的!褒めのコツ2つ

「すごいね!」レベルで終わってない?

人と同じ「褒め方」では響かない!

超一流大学を卒業している。柔道などで黒帯を持っている。自分で起業してビジネスで大成功している……。

普通の人は単純に「すごいね!」と褒める場合が多いもの。

もちろん褒められて悪い気になる人はいませんが、褒め言葉に慣れているレベルが高いモテ男には、それだけでは心に響きません。

努力の過程に注目してあげましょう!

そこで周りと差をつけるために、「彼が努力した過程」に注目してみてください。

何を成し遂げるにも多大な努力や時間を費やす必要があるし、時には挫折を味わうことだってあるでしょう。

そんな血のにじむような努力と、常にモチベーションを高く持ち続けて、前進を続けた彼の強さに褒め言葉を贈るのです。

その「大変さをわかっている感」が、「この子も自分で言ってこないけど、なにかを達成したことがあるに違いない……」と感じさせるという効果もあります。

こんな質問をしてみましょう!

そうやって彼を褒めた後に、どれぐらい大変だったのか、具体的にどんな努力をしたのかなどについても質問してみましょう。

あなたが、彼が現在得ている高収入や地位ではなく、その道のりに注目することで、彼はあなたが媚びている訳でも、タカっているのでもないと感じて嬉しく思うハズ。

そしてここで、あなたにも苦労して成し遂げたことがあったら、その話をして「私にも経験があるから、●●君の気持ちが分かるよ」と共感の言葉も伝えるのです。

そうすれば、彼はあなたが頑張り屋さんなうえ、彼の上辺だけでない部分を見てくれる、聡明で奥が深い女性だという印象を持つでしょう。

 

男と女、「価値観」の違いは?

「男は外側、女は内側」説

女性は友達や恋人、家族といった人間関係で自分がどんな位置にいるか、周りにどれだけ大切にされているかといった観点で、自分の価値をはかるところがあります。

ところが男性は、自分が成し遂げた功績や自分が取り組んでいることが、周囲や社会に与えた影響で自分の価値をはかるところがあるのです。

女性の価値観は内側に向いてるのに対して、男性は外側に向いているとも言えます。

女性の褒めに慣れている「モテ男」

なので、ありきたりな「女性っぽい褒め言葉」を聞きなれたモテ男には、“彼が周囲や社会に与えた影響”を褒めるように意識してみてください。

例えば、彼が子供野球チームのコーチを週末にしているなどがあれば、「スポーツを定期的にする子供は、非行に走りにくいというニュースを見たことがあるんだけど、●●君は社会に貢献してるよね」といった感じで褒めてあげるのです。

他にも、彼が会社で取り組んでいるプロジェクトなどが、地域や消費者市場で効果を上げているとしましょう。

こんな場合も、「●●君が取り組んでいることが、すごくいい影響を及ぼしてるって聞いたんだけど、そういうところすごく尊敬しちゃう」と伝えるのです。

自分が、どれだけ周囲や社会に良い影響を与えているかということを認めてくれて褒められたら、男は自分がスーパーヒーローになったような気持ちを味わうはず。

そんな、最高に男のエゴとプライドを満たしてくれる褒め言葉を言ってくれる女性など滅多にいないため、あなたがその女になれたら、高嶺の花だったはずのモテ男な彼が、俄然あなたを意識し始めるのではないでしょうか。

 

いかがでしたか!?

上に挙げた男性心理を理解して、本当に男が聞きたい褒め言葉を上手に伝えれば、周りの女子に大きな差をつけて、モテ男のハートをゲットできるのではないでしょうか。

本当にモテる男は、女性の容姿などではなびきませんから、上記のコツを知っているだけで、大きなチャンスに。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 



go to source

家族一丸!「ワンコにお願いして」ウザい男子を撃退するテク3つ

1:「ウチのワンコのお腹の調子が悪くて……」

うっとおしい男子にしつこくデートに誘われたり、とりあえず会ってはみたものの早く帰りたいほどにつまらなかったりするときには、

「ウチのワンコのお腹の調子が悪くて……」

と申し訳なさそうに伝えてみてください。

好きな女子や気に入っている女子が、「ワンコが心配で帰りたい」と言えばまず断る男子はいません。

このときに、「朝から吐いちゃってて」「目が痛そうで」などと深刻そうな症状を伝えてしまうと、あとから大ごとになりやすいので要注意。

“嘘も方便”としての止むを得ない嘘は、「お腹の調子が~」くらいにとどめておくのが自然でグッド。

 

2:「ワンコのトリミングが入っているから……」

続いて、興味のない男子からちょっと先の日付でデートに誘われてしまった場合に、ワンコちゃんに協力してもらって撃退する方法です。

まだ6月なのに「8月の第二土曜日空いてる? 海でも行こうぜ!」などと言われてしまえば、「そんな先の日程に予定が入りまくっているわけないから、どうやって断ろう……」って思いますよね。

そこで使えるのが、

「トリミングの予約が入っちゃってる……」

というフレーズ。

ワンコのトリミングは、前回の施術後に次回の予約を入れているケースも珍しくない上に、2~3ヶ月に1回程度のスパンで行なっている飼い主も一般的。

ですので、ちょっと先の予定がトリミングで埋まっていたとしても不自然ではないのです。

ピンポイントで誘われてしまって、実は空いているけれど行きたくない! という場面では、ワンコちゃんに協力してもらってトリミングを理由に断ることができてしまうのです。

 

3:「ワンコがいたずらっ子で……」

それでもしつこい男子がしつこく誘い続けてくるならば、ここはもう、ワンコちゃんにひと肌脱いてもらうしかありません。

先ほどのようにトリミングで断っても「そっか~。じゃあ、8月の第三日曜日は?」と、しつこく食い下がってくる男子には、ワンコちゃんがいたずらっ子なことにしてしまうのです。

「ごめん……。実は、ウチのワンコすごくいたずらっ子でね、家を長時間空けると、家中にイタズラしちゃうの。

なので、あんまり留守にできないんだよね。ケージに入れるとかわいそうだし……」

と、ワンコのイタズラがあるから家を出られないことに仕立て上げます。

「ケージに入れてくれば?」と言われるのを防御するため、あらかじめこちらから「ケージはかわいそう」というアピールもお忘れなく。

ここまで言っておけば、「ワンコを置いてでも来なよ!」なんて言い出す男子は少数派なので、かなりの確率で撃退できるのです。

 

以上、しつこい男子をワンコちゃんに協力してもらって遠ざけるテクをお伝えしましたが、いかがでしょうか?

ワンコと飼い主は、深~い信頼で結ばれている家族。ワンコちゃんにお願いしてタッグを組みながら、しつこい男子は家族一丸となって遠ざけていきましょう。

 



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ