おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

日経ウーマン

100均グッズの収納術 失敗しない3種類の奥行き

 100円均一ショップの収納グッズはたくさんあるのに、どうしてもすっきり片づかない。こんな悩みを抱えている人も多いだろう。その原因は、「グッズをバラバラに購入している」から。購入時にタグなどに記載されたサイズをチェックして「奥行き」をそろえるだけで、収納力は劇的に変えられるのだ。

 住まい方アドバイザーの近藤典子さんは、「奥行きを制する者は収納を制する」が持論。一般に住宅の棚の奥行きは45cmであることが多く、収納するモノに対して、深すぎるという。そのため、奥が無駄に空くか、もしくは死蔵品がたまってしまう。

 一方で、文具や食器など日頃よく使うモノは、サイズが15~20cm。大きくても30cmほどだ。そこで、100均のボックスやかごは、一辺が15cm、20cm、30cm前後でそろえるのが、片づけ成功の第一歩といえる。

 収納グッズで特に出色なのが、一辺15cmのダイソーの「積み重ねボックス」。サイズは「大」「小」に加えて「浅型」「深型」があり、すべて15cm。いずれも、調味料などを2列に並べて入れられる。

 奥行き20cmでは、キャンドゥの「収納ボックスカバー付」が有用。不織布のボックスで、マンガの単行本などを保管するのにちょうどいい。

100均の収納アイテムは「3つの奥行き」に注目して選ぶ

 100円均一ショップの店頭に並ぶ収納グッズは、デザインもサイズもバラバラで統一感がない。漫然と買っても、棚の寸法と合わなかったり、モノがうまく収まらなかったりして、片づかないこともある。だが実は、グッズのサイズをチェックすると、一辺が15cm、20cm、30cm前後の商品は意外に多い。きれいに収めるには、奥行きを確認するのが鉄則だ。もし家の棚が深い場合はこれらを組み合わせて使えばいい。



go to source

無料モニター募集! オルビス『アクアフォースシリーズ』〜うるおいを離さない肌が毎日実感できるスキンケア〜

 いろいろなスキンケアを使っているけれど、「本当にこれでいいのか確信が持てない」という方は、多いのではないでしょうか?

 仕事や家庭に忙しい日々だからこそ、毎日のスキンケアをもっと大事にしたい。そう願う働く女性達を対象に、オルビス『アクアフォースシリーズ』トライアルセットの無料モニターを募集いたします。

 『アクアフォースシリーズ』は、2000年に誕生し、現在で4代目。初代からずっと、不安定な肌状態やインナードライなどの“揺らぎ肌”に着目し、肌をうるおいで満たすことを目指してきました。新しい「アクアフォース」は角層水分量を増やす鍵となる「うるおいマグネットAQ」配合により、うるおいを離さない肌へと導きます。

 モニターに当選された皆様には、洗顔料、化粧水、保湿液がたっぷり3週間分入ったトライアルセットをプレゼント。1週間ご使用いただいた後に、使用感等についてのアンケートにご回答いただきます。ぜひご応募ください。

【モニター対象商品】

アクアフォースシリーズ トライアルセット M(しっとり)タイプ
(アクアフォース マイルドウォッシュ20g、ローション40ml、モイスチャー14g)

【モニター募集概要】
■モニター期間:2017年7月29日〜8月4日(1週間)
■アンケート回答期間2017年8月5日〜8月7日
■ご応募方法:下記URLよりご応募ください。
■お申込締切:7月18日(火)17:00
■モニター募集数:100名(抽選制)

*ご応募は、モニター期間中1週間ご使用いただき、回答期間中に所定のアンケートフォームからアンケートにご協力いただける方に限らせていただきます。
*モニター当選のお知らせは、商品の発送をもって代えさせていただきます。
*当選された方には、7月28日までに商品をお届けいたします。1週間ご使用いただいた後、アンケートへのご回答をお願いいたします。
*モニターの感想は、9月7日発売の「日経ウーマン」10月号、9月7日〜掲載予定の「日経ウーマンオンライン」のオルビス商品紹介に掲載させていただくことがございますので予めご了承ください。その場合、個人が特定できるような表記はいたしません。
*本企画は女性のみ応募可能です。

ご応募はこちらから
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=woman1707/index.html



go to source

ゆる&時短 筋トレ【日経ヘルス17年6月号】

筋トレをすると太らなくなるっていうけど、本当? 何をどのくらいすればいいのかわからない、変なところに筋肉がつきそう──。そんな疑問を解決すべく、専門家への取材から発見した、「現代女性に必要な、無理なく続けられる筋トレ」の新ルールを紹介します。

 筋トレをすると、太りにくくなる、疲れにくくなる、メリハリボディになるなど、メリットが多い。毎日座りっぱなしという現代女性にとっては、加齢と運動不足で落ちていく筋肉量をキープして、将来寝たきりになったり、糖尿病やがんなど生活習慣病になったりするリスクを下げるという意味でも、筋トレは重要だ。本誌でも何度か特集してきたから、試した人も多いだろう。

 だが、読者アンケートでは、「自分に合う方法がわからない」「効果が感じられない」「楽しくない」といった理由で、筋トレが続かなかった人が多いことが見えてきた。

 そこで、「キツくなくては効かない」というこれまでの常識にとらわれない筋トレの新ルールを、専門家への取材から割り出した。まずは、今のあなたの「筋力年齢」をチェックするところから始めよう。

【筋力年齢】を測ってみよう!

 今の筋力がどのくらいか、身体能力測定にも採用されている下の「閉眼片足立ちテスト」で調べてみよう。片足立ちでバランスをとるには、股関節まわりの筋力のほか、腹筋群、脊柱起立筋など姿勢を維持する体幹の筋力も必要。筋肉をしっかり使って、貯えを増やす必要がある。

下肢と体幹の筋力をチェック【閉眼片足立ちテスト】

目をつぶって、バランスを崩さずにどのくらい片足で立っていられるかをチェック。しっかり「立つ」「歩く」ための姿勢を保つには、柔軟性だけでなく、体幹と下肢の筋力が十分あることも重要だ。

衣装協力:キャミソール7600円、キュロット付きレギンス1万1000円(ともにsuria/スリア銀座店 03-6226-5200)価格は税別

足を肩幅くらいに開き、両手を腰に当てる。両目を閉じ、片足立ちになる。上げた足が軸足に触れないようにする。軸足がずれるか、上げた足が床につくまでの時間を測定。2回行う。

2回行い、長かったほうの記録で判定しよう。実年齢に比べてどうだった? 片脚で立つには、体幹や軸足を支える筋力のほか、柔軟性、足裏の感覚などもかかわる。加齢とともに衰えるのでトレーニングが必要。(推定年齢は国立長寿医療研究センターによる)

取材・文/西山裕子(編集部)、写真/鈴木 宏、スタイリング/中野あずさ(biswa.)、ヘアメイク/薄葉英理(ロッセット)、モデル/原田ゆか、デザイン/ビーワークス

「これ以上の情報をお読みになりたい方は、日経ヘルス誌面でどうぞ。」

■ 雑誌(紙版と電子書籍版)
日経BP書店で購入する
AMAZONで購入する
楽天ブックスでで購入する
セブンネットショッピングでで購入する
日経ストアで購入する
全国の書店、コンビニエンスストア、駅売店、ネット書店で購入できます。


go to source

チャレンジしたいヘアスタイルをフォロー&リツイートして当たる!

オンナノコはギャップで魅せろ♡
ストレートアイロン ナノケア キャンペーン

パナソニックの「ストレートアイロン ナノケア」で作った5つのギャップヘアー。

Panasonic Beautyのツイッター(@PanasonicBeauty)をフォローして、自分がチャレンジしたいヘアースタイルをリツイートすると、 素敵なアイテムが当たるかも!

詳しくは
オンナノコはギャップで魅せろ♡
ストレートアイロン ナノケア キャンペーン
http://panasonic.jp/hair/campaign/flat-iron/

握りやすさでストレート性能は上がる♪

5つのギャップヘアーを作ったのは
パナソニックの「ストレートアイロン ナノケア(EH-HS99)」
スリムになったヘッドと、手になじむグリップで、
髪の根元から簡単・キレイにストレートにできます
握りやすく使いやすいから、ヘアーアレンジも簡単です。
http://panasonic.jp/hair/products/EH-HS99/



go to source

日経ヘルス編集部のメールマガジンに関するお知らせ

日経ヘルス編集部のメールマガジン「Health & Beauty Mail Magazine」(2017年3月17日配信)内の記事、「日ヘルミシュラン やせやすい体を作る肉食ダイエット」のURLに誤りがありました。正しくは、http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/110312/031400023/ です。お詫びして訂正いたします。



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ