おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

messy[メッシー]

反町隆史のカッコよさが衰え知らず!! 44歳、俳優として確固たる地位を築くまで

反町隆史が称賛続出で人気再熱!! 40代中盤、俳優として確固たる地位を築くまでの画像1

反町隆史オフィシャルサイトより

 現在放送中のドラマ『相棒』(テレビ朝日系)で、変わらぬ存在感を発揮している反町隆史(44)。20代で“イケメン俳優”の代表格と呼ばれる華々しい活躍をした反町だが、主演ドラマの低視聴率が続き30代はバッシングにも遭った。40代の今、再評価の機運が高まっているのはなぜだろうか。

 不遇の低視聴率時代には、妻・松嶋菜々子(44)との私生活も散々ネタにされ、愛犬のドーベルマンが隣人に噛み付くといういたましい事件もあった。その後、反町隆史のメディア露出が減少すると、松嶋菜々子の活躍ぶりと比較され「格差夫婦」「ヒモ夫化」とあらぬバッシングも盛んになっていた。

 しかしここ数年は、そのような誹謗中傷も鳴りを潜めている。やはり主因は『相棒』での好演にあるだろう。反町隆史は2015年10月のseason14から『相棒』に出演している。すでにドラマはseason16に入っており、すっかり水谷豊(65)とのコンビネーションも板についたものだ。

 それまで『相棒』で水谷豊のパートナーを務めた歴代相棒は、寺脇康文(初代)、及川光博(二代目)、成宮寛貴(三代目)。いずれも視聴者に愛され、惜しまれながら相棒を離れた。反町隆史も同様に、降板や新相棒の噂が浮上するたびに「反町のままもっと続けてほしい」「せっかくいいコンビなんだからもっと2人を見ていたい」「演技も昔より上手い」と、継続を願う声があがるほど『相棒』ファンの心を掴んでいるようだ。

 大ヒットドラマ『GTO』『ビーチボーイズ』(いずれもフジテレビ系)で演じた役柄の影響か、30代前半の頃まではヤンチャなイケメンの役柄が多かった反町だが、父親役を演じることも増えた。転機となったのは、2012年4月に放送された単発主演ドラマ『松本清張没後20年特別企画・市長死す』(同)だろう。硬派なミステリードラマで抑えた演技を披露し、以降、金曜プレステージ枠の『捜査一課・澤村慶司』シリーズも好評。『相棒』につながっている。

 高身長で筋肉質の細身体型、中年太りとは無縁のルックスは美しいが、もちろん反町の魅力はそれだけではない。中年世代となり、表情に渋みが加わった。今の反町がかつてのようなチャラ男、ダメ男役を演じてみても、また違った面白さが表出するだろう。

 番宣のためにバラエティ番組などに出演した際には、気さくな性格も共演者および視聴者にウケている反町隆史。2月26日には『帰れま10』(テレビ朝日系)に出演、長時間拘束ロケが定番の同番組で焼肉チェーン店のメニューを食べまくるほか、芸人とのコントも披露するようだ。またファンを増やしてしまうかもしれない。

(ボンゾ)



go to source

ピーコが明かす禁断の恋とは…「数百万円を貢いで捨てられた」噂に決着

ピーコは野村宏伸に数百万円を貢ぎ、暴言を吐かれて捨てられた⁉︎ 政治活動にも活発な今の画像1

Amazon サイトより

 2月23日放送予定の『爆報! THEフライデー』(TBS系)に、ピーコ(73)が出演する。番組では誰もが知る“俳優N”との禁断の恋についてピーコが初告白し、別れから29年が経った今、再会を果たすのだという。

 双子の“オネエタレント”として70~00年代には全国放送のテレビで大いに活躍していた「おすぎとピーコ」。おすぎは映画評論家、ピーコは服飾評論家としてともに毒舌で鳴らし、ワイドショーのファッションチェックコーナーで人気を博した。今はなき『笑っていいとも!』(フジテレビ系)にも二人で長期間レギュラー出演していたが、ここ数年は関西など地方に活動拠点を移したと見られており、全国区のテレビバラエティで見かける機会は少なくなった。

 ピーコが全国放送のテレビ番組にほとんど出演しなくなった理由としてもうひとつ「政治的な発言をしてほしくないからでは」と見る向きもなくはない。ピーコは”日本国憲法と私たちの生活のつながりについて考えたり、憲法に関するさまざまな出来事や議論について、広く伝えるためのウェブサイト”「マガジン9」の発起人として名前を連ねている。17年の憲法記念日には護憲派のひとりとして集会に参加し、自民党が2012年にまとめた憲法改正草案の不備を指摘。「憲法を改正することは許しません」と訴えた。16年8月に、同年7月放送の永六輔さん追悼番組『永六輔さんが遺したメッセージ』(NHK)にて「『永さんは戦争が嫌だって思っている。戦争はしちゃいけないと。世の中がそっちのほうに向かっているので、それを言いたいんでしょうね』と言ったら、そこがばっさり抜かれていた」と「朝日新聞」で告発したこともある。ただそうした思想信条を理由にマスメディアから遠ざけられるいわれはなく、むしろあってはならないことだ。

 単純に70代という年齢から、ピーコがかつてのようにテレビバラエティやワイドショーに出演していないことは十分納得できる。また、おすぎとピーコがテレビで大いに活躍した時代以上に、今の芸能界は“オネエ”というキャラクター付けをしたタレントが多く出演している。おすピーは彼らと同じ土俵で闘わなくて良いのだ。

 そんなピーコが久々にゴールデンタイムの番組に出演するということで『爆報! THEフライデー』は注目を集めるだろう。ピーコが同番組で明かす禁断の恋の相手、“俳優N”とは一体誰なのか。そもそも何をもって「禁断の恋」というのかはわからないが、かねてからピーコがロマンスを噂されてきたある俳優のイニシャルは確かにNだ。ピーコはかつて、関西ローカルの番組で過去に好きだった男性に数百万円も貢いだ挙句、最終的に「抱いて欲しいんだったら抱いてやるよ」と冷たい言葉を吐かれたことを暴露。この相手と体の関係はなかったそうだが、傷ついたピーコはそれから恋に憶病になったという。放送では名前は伏せられていたものの、過去の金銭問題や、野村宏伸にピーコが人脈を作ってあげていたことなどから、ネット上では「野村宏伸(52)で間違いない」との噂が立っていたのである。

 しかし今あらためてピーコが怨み節をきかせることはないのだろう。少なくとも『爆報! THEフライデー』でエピソードを披露する以上は、雪解けを意味する。30年近い月日を経ての和解となるのだろうか。ちなみにピーコは、結婚情報サイト「結婚準備室」において、「うまくいっているときだけが恋じゃないのよ。終わってしまいそうな気配を、なるべく早くすくい取ることも、また一つの恋なのよ」「私は自分が好きな人に、『私がしてあげられることは全部してあげる』って言える」と自身の恋愛観を告白している。終わってしまいそうな気配を、なるべく早くすくい取ることも恋……深い。

(ボンゾ)



go to source

小泉今日子・豊原功補の不倫公表は「離婚・再婚前提」なのか

豊原功補

確かに脚ひらきすぎ

 小泉今日子(51)と豊原功補(52)が、恋愛関係にあることを公表したことで、週末のワイドショーはこぞってこの話題を取り上げた。豊原は23日に単独で記者会見を開き、あらためて状況を説明している。

 豊原には11歳年下の妻と息子がいるが、3年前から小泉と恋愛関係になったことで家族とは別居。長男は「しっかりした人間で、身長は僕(1m79cm)ぐらい」だそうで、家族との今後について「ご心配いただくことはありがたいのですが、それは僕自身と妻子と親族の中でずっと考えていることで、自分としても重く受け止めている」と話した。

 また、小泉が事務所からの独立に際して豊原との関係を公表したことは、離婚を許容しない妻への宣戦布告ではないかという見方があることについて、豊原は「なんでそういう怖い言葉が出るんだろうと思うんですが、そういったつもりはない」と言い、今回の公表が家族を傷つけることは「当然考えました」が、「いくら考えても答えは出ない。禅問答みたいなもので向き合っていくしかない」とした。

 この公表を受けて、多くのタレントがテレビ・ラジオ等でコメント。松任谷由実は「堂々と不倫宣言。素晴らしいじゃないですか。小泉今日子さんらしい」と明るく称え、「不倫やと思わなかった」という上沼恵美子に至っては“豊原の妻”を説得するように「奥様! 1つ上にいきませんか」「あなたは立派に好きな豊原功補さんの子を宿し、育て、女として大仕事を成し遂げたんだから、とっても素晴らしいと思います」と、暗に離婚を勧めた。

 一方、西川史子は4日放送『サンデージャポン』(TBS系)で「『不倫はダメだけど潔い』って本当に思っている人いるんですかね? 離婚してないのに熱愛宣言って非常識じゃないですか? それがなぜかキョンキョンらしい、かっこいい、潔いって言われるのはなんでなんだろう? 好きな気持ちは分かるけど、順序が違うんじゃないかなと思っちゃいます」と、小泉・豊原の行動を批判。

 5日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で高橋真麻は豊原の会見について「結構感じ悪い会見だった。(会見中に)足開いてみたり、足組んでみたり、言うことも固まってなくて、何のために会見やったんだろうって」と言い、「散々不倫とかって叩かれてきたじゃないですか。あまりにも公にし過ぎててスルーされがちですけど、これ、いいの?って」と疑問を投げかけていた。

 ただ豊原は会見で、3年前から小泉と恋愛関係にあり、家族とは別に暮らしているけれども、「離婚協議はしていない」と話した。このことを西川史子は「男の人ってずるい。結局、男の人ってはっきりしてくれないんだな、女の人が決めて」と非難したが、豊原が現妻との離婚を成立させて小泉と再婚すべきかというとそれは違うのではないだろうか。会見では将来的な再婚についても質問が飛んだが、豊原は「小泉さんとこれまでそういう話をしたことは一度もない」と応え、「(家族間で)いろいろな選択肢を模索中」と言うにとどめている。

 外野は、離婚や再婚という形をとらなければ納得しないだろう。しかし、当事者や家族がどの選択をとるかはそう簡単に決断できるものでもない。西川史子の言うように「離婚してないのに熱愛宣言」は非常識だが、小泉サイドとしては遅かれ早かれ不倫報道合戦が始まることを見越しての先手。その判断が自己保身であざといのは確かだが、芸能人という立場での対マスコミ防御策としては必要だっただろう。

 小泉・豊原ともに「責任を負う覚悟」と明言しているからには、結論を急がず長い時間をかけても、自分たちの問題で迷惑をかけた家族に向き合っていくはずだ。結果的に「離婚」や「再婚」という選択をとらない可能性だってある。いずれにしろ第三者が離婚や再婚を急かしても仕方がないことだ。



go to source

人形メイクの極致、「まるでラブドール」になってフォト撮影してみた。体験レポ

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

お久しぶりです、山ちゃんです。

今回はプチ整形体験から飛躍して、“ラブドール”になってきました!

ラブドールは、ダッチワイフの中でも高価なシリコン等を素材として作られている高級な代物。昨年小学館より写真集『LOVE DOLL×SHINOYAMA KISHIN』発売され、その展覧会は長蛇の列を作るほどの人気でした。今、ラブドールはラブドール愛好家だけでなく、サブカル・アート層にも認知が広まっているようです。

ラブドールといってもみんな同じ顔ではなくいろいろな造形があるのですが、製造工程のフィニッシュでは特徴的な“ラブドール顔メイク”で仕上げられているそうです。人間をそんなラブドール仕立ててくれる『人間ラブドール製造所』という変身サービスが大阪にあると小耳に挟み、変身願望の強い私は早速、大阪へ!

世界初のラブドール変身体験が出来るという人間ラブドール製造所』では、ヘアメイク(顔面製造化粧師)さんがラブドール風メイクを施してくれ、カメラマン(製造写真技師)さんラブドール風に撮影をしたうえでラブドール風の写真加工をしてくれます(その写真データをもらえるのです)。

今までラブドールはあくまでも鑑賞物だったり欲望の眼差しの対象だったりで、「自分」の向こう側の物体でした。それに自分がなってしまうという逆転の発想が、斬新。まさか自分がラブドール風になる日が来るなんて予想もしていなかったし、このサービスを知るまでは、そんな発想すらなかった。そりゃ、世界初だわ。

というわけで、ラブドール変身レポをお届けします!(※脱ぎません)

ラブドール風ヘアメイク

Webサイトから予約申し込みをし、メールにて製造師さんと打ち合わせをして日時、撮影場所を決めます。人間ラブドール製造所』に専用の撮影スタジオはないので、今回はカメラマン女性の知人のお宅を一軒家スタジオとしてお借りして撮影をする事になりました。基本的には、こちらの一軒家スタジオハウススタジオを借りるなどして撮影しているそうです。ラブドールらしさを強めるには、お家っぽい場所が良いそう。確かにラブドールは、購入の人の自宅に保管されるものだから納得納得。ラブドールを連れてお出かけする愛好家さんも中にはいらっしゃいますけど、太陽光に照らされるといくらラブドール風メイクをしていても「THE人間」の生々しさが出ちゃいそうですしね。

そして事前に「ラブドールネームを考えるのですが、そんなの思い浮かばない~~~~。名前が思い浮かばなかったらこちらで決めますよ、とのお言葉に甘えて、命名は製造師さんにお任せ。ラブドールメイクが完成してから、そのときの印象で命名して下さることになりました。よう。しかも、撮影中はラブドールネームで呼んでくれるようなのだが、ちょっと恥ずかしい(笑)

予約当日。衣装も用意してもらえるので、手ぶらで撮影場所となる一軒家スタジオを訪問しました。出迎えてくれたのは施術着を着用した女性2人。ラブドールメイクを施してくれる顔面製造化粧師のIMAさんと、写真を撮影する製造写真技師のLEiyAさんですこのお2人を含め、製造所のスタッフ(製造師)は女性オンリー。ラブドール変身サービスは女性だけで企画・運営しているのです(※サービスの利用は男性のお客も可能!)。

まずは衣装決め。

(C)山ちゃん

ラブドールらしさって…(C)山ちゃん

用意していただいた中から自分でセレクトしていくのですが、どれがいいのか悩む悩むいちご柄のセットアップと白スリップワンピの2択で決めかねていたら、途中で着替えて2着とも着る方向を提案していただきました。

衣装のこだわりは「ちょっとダサい服をチョイスしている」こと。これは、ラブドールを所有するのは男性であり、女性の流行やお洒落が分からないまま服を着させているほうがリアルだろうという意図だそうです。

衣装に着替えたら、まずはカラコンを着用。黒目が大きくなるカラコンを着用すると“人形感”が出るのです。このカラコンもIMAさんが用意してくれました。ただし私は極端に視力が悪いので、度入りのカラコンを用意してきましたが……カラコンを装着したら、いざメイクスタートです。

(C)山ちゃん

IMAさんによるメイク中。ドキドキ。(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

タレ眉、タレ目がポイント。ドールになりきるつもりで、あらかじめメザイクで二重幅を広げてから参戦しました。(C)山ちゃん

丁寧に化粧水、乳液を塗ってもらいマッサージもしてもらってから下地作りへ。ラブドールへの製造工程は、完成するまで本人は見ない(完成したときにワァオ!と驚いてほしいから)のでメイク中も鏡は無し。身を任せ、丁寧にメイクをしてもらいます。人に顔を触られると眠たくなるような気持ちいい感覚になりますよね……

ちなみに、製造中のBGMはなんと工場の機械音! ガコン……ガコン……

メイク完成後、IMAさん・LEiyAさん・私の3人でウィッグを選びます。この段階でもまだ自分のメイク姿は鏡で確認していません。ロングヘアーの前髪重めなウィッグを被り、整えてもらってラブドール製造が完成! つ、ついにラブドールへと変身した自分を鏡で見ることに……。ドキドキ!!

(C)山ちゃん

お!おぉぉぉ!!これはまさに…!(C)山ちゃん

そこには普段の自分とは全然違う自分が立っていました。

ラブドールのように大きく開いた垂れ目。大胆な下がり。透明で無機質な肌。小さくてぷるんとしている唇。大胆かつ丁寧で繊細なメイクに、IMAさんの「変身させるメイク力」を感じますIMAさんはラブドールの写真集などを見て研究し、「ラブドールっぽさ」を出すポイントを押さえたメイクを開発、実践しているそう。

髪の毛は少しボサついているのですが、これも衣装がちょいダサなのと同じ理由。ラブドール所有者の男性は長い髪の毛の扱いも慣れていないだろうという理由から、少しボサつかせているのだそうです。まだ撮影してもないし写真を加工した後でもないのに、そこはかとなく漂うラブドール感……! 生きているのに不思議です。

ラブドールへと変身した私に名前付ける段になって、名前の頭に「の」が付く名前が似合うのでは? と提案されました。のぞみ…、のりこ、のん、のの…。う~ん、ちょっと違うな~と試行錯誤した結果、「野乃花(ののか)」に決定!

そんな女の子らしい可愛い名前、照れくさい……と思いつつも、可愛い名前を付けてもらえて上機嫌な私がすでにいました。

そう、この製造所は、女性が外見で抱えるコンプレックスを取り払って、自分を大切に出来るようになったり、やさぐれた心を癒したりという効果をもたらすことを意図しています。可愛くしてもらって、可愛い扱いをしてもらうと、恥ずかしいけれどうれしいんですよね……。そして撮影が始まるとノリノリになっていく自分がいるのでした。

褒められセラピー体験

「野乃花ちゃん」「ののちゃん」と呼んでもらいながら、いざ撮影スタート。まずは鏡の前で洋服を選んでいるふうのポージングですが、ちゃんとLEiyAさんがポーズを細かく指示してくれるから有り難かったです。

手でシャツを持って、脇をもっと上げて、目線もここ! と、ひとつひとつ指示してもらったのですが、脇を上げると途端に人形っぽい雰囲気になることがわかりました。関節を動かしてポーズを取らされてる感が一気に出るんですよね。

そして表情のポイントは、口元をポカーンと開けること。口元ポカーンだと馬鹿丸出しな顔にならないかな、とも思ったけれど、ちゃんと人形っぽく見える目線の位置を探してくれるので、そこは不安にならなくても大丈夫でした。

確かにラブドールの口元って、少し緩さがある気がします。キリッと唇を引き締めた表情のラブドールは見たことがありません。目線もですが、緊張感が少し緩んだ表情は、意思がわからず、いかようにも解釈の余地があるのです。

(C)山ちゃん

LEiyAさんが撮影、加工を担当(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

「目線はあそこ見て~!」とポーズ指導中(C)山ちゃん

撮影はサクサクと進み、冷蔵庫からビールを取り出すポーズや、屋根裏の物置スペースでビニール袋に入れられて収納されている姿などを撮っていきました。途中で衣装をチェンジしてからも、どんどん撮ります。

「野乃花、かわいい~!」「綺麗、綺麗!」と言ってもらえて、最高。普段言われない褒め言葉をふんだんに言ってもらえるのは、セラピーに近い感覚でした。癒されるというか、自分に自信が沸々と湧いてくる感じ。褒められることって人間には必要なことなんだ、と実感します。

ホメ言葉の中でも「売れそう、売れそう!(ラブドールとして)」には思わず笑ってしまいました。これはラブドール冥利に尽きる言葉!(←すっかりラブドール側の気持ちになってる)

撮影は順調に進み終了。

その場で1枚だけ加工してくれ、こんな感じになりますよという仕上がりイメージを見せてもらいました。うん、めっちゃラブドール感!!! そんなに弄ってないのに、このラブドール感は何!? ふわっとした空気感に包まれたような柔らかい雰囲気の写真。表情は勿論、身体もシリコンで作られたかのようなラブドールっぽさが出ている

「ラブドールを実際に見学に行ったら、今のラブドールは血管も浮いていて非常にリアルだったから、血管とかを加工で消しすぎない方がいいんですよ」とLEiyAさん。

私が気になっていた、ほうれい線や顔の歪みも全然気にならない。ほうれい線は加工で消してくれて、顔の歪みは撮影の角度で誤摩化してくれているそう。肌は血管こそ消さないもののツルツルのシリコン風で、関節のシワは消していきます。

写真データは加工が全て終わってから後日、送っていただくことになっています。着替えて元の姿に戻って終了。ここまでで約3時間ほどでした。ラブドールの野乃花から普段の自分に戻るのが名残惜しいくらい、不思議で素敵な経験になりました。

女性だけでなく、男性のお客さんもラブドールへの変身が可能(IMAさんの本業は女装メイクのお仕事なのです)。

世界で誰もやっていないラブドールへの変身という内容で、サブカルジャパニーズカルチャー好きな外国人観光客も喜びそうなサービスです。

本来なら、ラブドールは人間の女性を模して作られたもの。そのラブドールに生身の女性がなるという逆転現象は、異様なことのように思われるかもしれないけれど、生きるのがもうイヤで無機質な人形になって可愛がられたいというわけではなく(そういう人もいるかもしれないけれど)、ただ単純に「可愛いラブドールに近づきたい」というシンプルな動機から来ているのではないでしょうか。山ちゃんの変身願望はだいぶ満たされました。次はまた整形をしようか……。

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

(C)山ちゃん

人間ラブドール製造所



go to source

加護亜依、エロサイト巡りを語る 「すっごいエロいの大好き」でエロ画像フォルダに収集中

 元モーニング娘。の加護亜依(29)が『千原ジュニアのキング・オブ・ディベート』(AbemaTV)に出演した際、「すっごいエロいの大好き」と暴露した。加護いわく、スマホで“エロサイト”巡りをしているというのだ。

 番組は「長寿社会と死」というテーマで進行。その中で、自分の死後に「見られたらマズイもの」という話になった際、加護は「私、超ドスケベですよ」と言いながら、「写真フォルダのアルバム」と回答した。そのフォルダは暗証番号を打たないと見ることができないアプリに入っているもので、夫もその存在は知らないのだとか。続けて加護は、「私、すっごいエロい大好きで。勉強するんですよ。ネットで検索して、女の人の裸のやつをキャプチャして」と語る。

 どうやら、スマホでエロサイト巡りをしているらしく、その中で気になった画像を保存しているようだ。サイト巡りをしすぎて、ワンクリック詐欺の被害に遭いそうになったとも明かすほど、頻繁に行っていることのようだ。

 特に「女の人の裸」をキャプチャして保存しているという加護。なんでも「あるモノが大きかったりとか……男の人のじゃないんですけど(笑)。それが面白くて」、フォルダに貯めているという。女性の乳房や陰部は人によってさまざまで、形状や大きさ、色も異なる。さまざまな性器を見比べることに「面白さ」を感じているのかもしれない。

 厳選エロ画像を見て「勉強する」とも話していたが、そのことについて聞かれると「そういう体勢とか。旦那さんとじゃなくて、自分で『あ、こういうのあるんだ』とか。女の子に聞きづらいじゃないですか」と回答していた。放送できない用語を避けて説明していたため、要点がややわかりにくいが、夫との性生活のためではなく、自分のオナニーの勉強のためにエロ画像を見ているようだ。たしかに、オナニーの話は女性同士でも「聞きづらい」話である。

 あまりのエロ暴露に、共演したクリス松村は「元アイドルでも、立場としての責任があるのよ」と加護を注意していたが、本人は「私、すごいブラックなんですよ(笑)」とケロリ。これまでどんな「エロ」を勉強できたのか、非常に気になるので、詳細に語ってほしいものだ。



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ