おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

messy[メッシー]

美容雑誌「VOCE」の削除記事は、無批判に「若くてキレイな女が一番高価値である」の前提を共有している社会を再認識させるものだった

「VOCE 2017年 07 月号」講談社

「VOCE 2017年 07 月号」講談社

美容雑誌「VOCE」(講談社)の公式サイトに掲載したある記事が批判を受けて削除された。くだんの記事タイトルは『女の市場価値はいくつまで?「男は普通の27歳と美人の33歳、どっちと付き合いたい?」』というもので、恋愛メディア「ハウコレ」などに執筆している“恋愛プロデューサー”なる肩書きの女性が寄稿したものだった。要約すると、「独身生活を謳歌して結婚を先延ばしにしていると、30代後半になって嫁の貰い手がいないことに気付き超焦るよ!!!」という脅し系記事なのだが、当然、炎上。VOCE公式Twitterアカウント(@iVoCE)の記事紹介ツイートに批判的なリプライが複数ついている。

不思議なのは、この記事ではタイトルにもある「普通の27歳と美人の33歳、どっちと付き合いたい?」という質問に対する「男」の回答として紹介されているのが「これは普通の男100人に聞いたら97人は33歳の美人って答えるんじゃないですか。27歳と33歳だと差はほぼないですね。33歳の美人なら男性からのお誘いも減らないでしょう」であること。つまり「普通の27歳と美人の33歳なら、美人の33歳の勝ち」としているわけだ。しかし、「38歳の女性とこれから結婚するとしたら、子供のことを考えると猛スピードで色々進めなきゃ」だそうで、「30代後半になると美人でも厳しい。結婚したいなら早めに動こう」との結論で記事は締め括られている。ちなみに20代でも「ブス」はダメなのだそう。美容雑誌が「ブス」をそのままでいいよと肯定することは有り得ないのだろうが。

@iVoCEは批判を受けて次のようにツイートを更新。

「今回の記事の件、不愉快にさせてしまった方がいたこと、心よりお詫び申し上げます。記事は削除させていたたき、今後はVOCEに相応しい記事制作を強化していく所存です。今後ともVOCEをご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします」

確かに不愉快な記事ではある。しかし「読者を不愉快にさせたからNG」というわけではない。たとえばmessyの「痴漢するな」という記事を読んで不愉快になる読者もいるだろうし、「熟年男女もセックスしている」という記事を読んで不愉快になる読者もいるだろう。しかしそういう記事を「不愉快だという反応があった」という理由で削除することは通常ない。どこの媒体もそうであろう。謝った情報を掲載していたり、情報を発信する立場として不適切な見解を広めようとしたことが、記事取り下げの理由になる。

今回の記事における「不適切な見解」は、一言では示せない。女性の価値は男性の結婚対象から外れると一気に下落すると印象付けるような書き方も(年齢に関わらず、若くても「ブス」は価値が低いとされている)、読者層である女性へのセクハラに無自覚であることも、エイジズムとルッキズムに支配されたものの見方を助長していることも、問題である。美しくなければ価値がない、若くなければ価値がない、結婚できなければ価値がない……確かに化粧品業界にとって、美しくなろう・若々しく見られよう・キレイになってモテようという意欲の薄い女性は価値がないかもしれないが、そのことと個人の在り方とは別問題だ。

筆者がもっとも残念なのは、そうした「買わせよう」戦略や購買意欲を煽る意図なしに、無意識にこの記事が作成されたであろう点である。無批判に「若くてキレイな女が一番高価値である」という言説を受け入れ、その正当性を疑わず、内面化している。そういう“女性”は、実際に、たくさんいるだろうと思う。誰がどれだけ「そのようなものの見方で人間をはかるべきではない」と学級委員のような指摘をしても、国会でもテレビでも週刊誌でも「そのようなものの見方」が前提として共有され、無批判に展開されているのだから仕方がないのかもしれない。“国のエライ人”も、マスに届くメディアも、女はそういうものだという前提を崩そうとはしないし、だからマスを対象にした商品を展開する大手企業の広告で似たような“炎上”が次々に起こって止まない。社会全体で「不適切な見解」を適切なものとして共有している。日本はそういう段階だと言って差し支えないだろう。そして「現状で何も不都合がないのに、考え方を変える必要がどこにある?」という意識すら広く共有されているように思える。



go to source

刑務所で出産・育児~『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のリアリティを覆せ

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』公式サイトより

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』公式サイトより

 

 6月9日にネットフリックスの人気ドラマ『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の第5シーズンが始まる。ニューヨーク郊外にある架空の女子刑務所を舞台に、女子刑務所内の知られざる世界を赤裸裸に描く衝撃のドラマだ。

 ドラマには受刑者たちの人種別組織と抗争、刑務官からの虐待、セクシャルハラスメント、ドラッグ売買、レズビアン、友情、刑務所の民営化、そして暴動まで登場するが、エピソードのひとつに「出産」があった。

 受刑者の一人、麻薬密売組織のボスを父に持つマリアは、入所した時点で恋人の子を身ごもっていた。陣痛が始まったマリアは病院に搬送され、無事に元気な女の子を産む。しかし刑務所の規則どおり、出産直後に子供は取り上げられ、マリアは独りで刑務所に戻る。刑務官に付き添われたマリアが刑務所の歓談室に入ると、マリアと共にヒスパニック・グループ「スパニッシュハーレム」を結成している仲間だけでなく、普段は敵対している白人や黒人の受刑者たちも深い同情の眼差しを向けた。生まれたばかりの我が子を抱けない辛さ、哀しみをすべての受刑者が女性として理解したのだった。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』シーズン5 予告編(日本語版)

毎年2,000人の赤ちゃんが刑務所で誕生

 アメリカは刑務所大国だ。現在226万人もの受刑者が刑務所(*1)にいる。うち22万人が女性だ。少年院にも男女合わせて5.4万人がいる。実人口が多いだけでなく、人口10万人当たりの収監人口も670人と、他国を大きく引き離して世界で最も多い。理由はドラッグだ。アメリカは1980年代の麻薬の蔓延に手を焼き、ドラッグにまつわる法律を非常に厳しくした。その結果、ドラッグの所持と売買、つまり非暴力犯の収監者が大幅に増えたのだった。よって女性の数も増えた。

 こうした様々なデータから「2001年生まれのアメリカ居住者は男性9人に1人、女性56人に1人が生涯のいずれかの時期に刑務所に入る可能性がある」と試算されている。(*2)

 さらに驚くべき事実として、全米各地の刑務所に収監されている22万人もの女性受刑者のうち、毎年約2,000人が出産している。『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』のマリアのように入所した時点で妊娠していた女性たちだ(稀に男性刑務官によるレイプ、または刑務官との情事による妊娠もある。また、女性刑務官が男性受刑者との情事により妊娠する事例もある)。

 2,000組の母子の大多数はマリアと娘のように誕生次第、すぐに引き離される。アメリカは特に低所得層にシングルマザーが多く、赤ちゃんは母親の親族に育てられることが多い。マリアの娘のように父親に育てられるケースもあるが、親族に引き取り手がない場合は里子となる。なお、アメリカは擁護施設より里親制度が浸透している。集団生活を強いる擁護施設よりも、一般家庭に近い環境である里親宅のほうが子供の養育に適しているとの考えからだ。

 いずれの場合も母親とは刑務所での面会日にのみ会うこととなるが、里子となった子が面会に来ることは稀だ。親族が育てる場合も親族の生活状態や居住地と刑務所との距離によっては難しい。こうして母子の絆を育むことが出来ないまま子は育ち、出所後の母親と良い親子関係を築くことが困難になるケースも出る。これは子供の人権問題でもある。

*1 プリズン(刑務所)とジェイル(拘置所)の収監者数の合算
*2 司法統計局のデータを基にThe Sentencing Projectが試算

1 2



go to source

結論「精液は美肌をつくらない」!飲まない、塗らない、クレオパトラもやってない!

「飲んでないし、塗ってないっつってんだろうがぁ」 Photo by a_marga  from Flickr

「飲んでないし、塗ってないっつってんだろうがぁ!」

Photo by a_marga from Flickr

年を重ねると気になりはじめる、肌やカラダの健康状態。ちょっと高価な化粧水や乳液を根気強く浸透させてみたり、野菜ジュースやサプリメントなどの栄養補助剤を取り入れてみたりする方もいるのではないでしょうか?

毎日顔に塗り、飲むものは……

以前、イギリス・バッキンガムシャー在住の2児の母である女性トレイシー・キスさんが、美肌つくりのための化粧水や健康管理のためのスムージーを紹介した動画が世間を吃驚させました。スキンケアとスムージー紹介で話題になるの? と思っている方! 驚くなかれ、トレイシーさんがスキンケアに取り入れているのは「精液」なんです!

彼女が毎日欠かさずするお肌のお手入れは、<精液フェイシャルケア>。化粧水のように精液を自分の顔に塗りこんで5分~20分ほど放置した後、お湯を含ませたシートで拭き取るというスキンケアです。これを毎晩続けて「お肌のコンディションがずいぶん良くなった♪」そう。

Youtubeより

20分放置って…バリバリやろ。Youtubeより

菜食主義のトレイシーさんは毎朝、スムージーを飲むことから1日をはじめます。フルーツ、アーモンドミルクや植物の種などをミキサーに投入! ここまでは美味しそうですね。最後に……スプーン1杯分の精液を混ぜてミキサーかけて、スムージー完成。「この精液入りスムージーを飲みはじめてから風邪をひかなくなった」と本人は胸を張りますが、医師は「“肌のコンディションがよくなった”“風邪をひかなくなった”という科学的根拠はない」と警告したといいます。

週3の頻度でフレッシュな精液をトレイシー宅に提供しているのは、タバコ・お酒・ドラッグをしていない男友達。トレイシーの「健康のため」という依頼を理解し、提供開始する前には性感染症検査も行ったんだそうです。男友達はセックスかオナニーの時に放出する精子をプラスチックケースに溜め、トレイシーに渡しているんだそうです。ボランティア精神あふれてますね。

精液の美容&健康法……実際、どうなの? 

アホみたいな話ですが、「精液を飲むと美肌になる」という噂を聞いたことのある女性は日本でも多いのではないでしょうか。10代後半~20代前半あたり、若い時期に一度は耳にする都市伝説のようなものだと思います。ナゼこんなことが言われているのか……。「美容のために飲んでいた」「精液入りのお湯に浸かっていた」「目の下のパックとして利用してしていた」など<クレオパトラと精液>についての言い伝えが根深く関係しているように思います(事実なのかは解明されていませんし、今後はっきりすることもないでしょう)。

精液の成分は、確かに害のあるものは入っていません。それどころか、アミノ酸、亜鉛、果糖などで構成され、卵白とほぼ同量の高タンパク質、さらにビタミンB12やビタミンC、ミネラルも入っているという情報だけ見れば「めっちゃ栄養あるじゃん!」と誤解してしまう人もいるでしょう。ただしいずれの成分も、精液に含まれている量は微々たるもの。美肌や健康の効果を助けるほどの量ではありません。精液を飲んでほしい男性が女性に納得させるために広めたのでは? という噂もありますが、セックスの際に彼の精液を飲んだ女性が(たぶんプラシーボ効果で)「精液飲んでから、肌の調子がいい!」と周囲に伝えている可能性もあります。がしかし、もし本当に肌の調子が良くなったと実感していたとしても、それは精液のおかげではなく、良いセックスで女性ホルモンがイイ感じに分泌している可能性大です。

注意するべき点

でも飲んでみたいんだよね~という好奇心旺盛な貴女。はたまた「ご主人様の聖液で身も心も隷属したいんです」という奴隷プレイを好む貴女。デメリットを理解した上でゴックンするようにしてください。

1番怖いのは性感染症。精液を飲む=性病になるのではなく、口の回りに付着したり、虫歯や口内の傷などと一緒に口から入り込むことが性感染症のリスクを高めます。「淋病」「ヘルペス」「梅毒」「クラミジア」「B型肝炎」、さらに唾液からは移らないと言われるHIVも、精液を通しての感染はあり得ます。

もし美容目的であれば、精液を塗りこんだり飲んだりするよりも、楽しいセックスをして女性ホルモン放出しまくった方が美肌になるのではないでしょうか。ホルモンってやつは侮れませんからね。



go to source

「呪い」を強化し、女性をバカにしているようにしか見えなかった『人は見た目が100パーセント』/第一話レビュー

『人は見た目が100パーセント』公式サイトより

『人は見た目が100パーセント』公式サイトより

桐谷美玲主演のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ)の初回が4月13日に放送されました。大久保ヒロミの漫画『人は見た目が100パーセント』(講談社)が原作で、これまで美容などに背を向けてきた、自称・女子になりそこねたヒト科の「女子もどき」の理系女子3名が、お洒落を研究し、「女子力」を身に着けようとするラブコメディドラマです。

初回の視聴率は9.5%と、順調と言って良さそうな滑り出し。とはいえ正直なところ「そんなにも高かったのか」と多少驚きを覚えました。はっきりいって、このドラマ、全然面白くないし、面白くなる予感がしないのです……。

昔から化粧や洋服が苦手で、クラスの女子が盛り上がっていても話に入れなかったという城之内純(桐谷美玲)は、通勤・帰宅ラッシュと逆行するよう、東京の西側にある八王子の製糸研究所を勤め先とするくらい、人の目を避けるように生きていました。しかし、保湿効果の高い繊維の開発が認められ、丸の内にある化粧品会社に研究室ごと移動することに。会社のパーティーに出席するよう命じられ、いやいやながら参加した城之内は、丸の内OLのキラキラにあてられて、舞台の上で卒倒してしまいました。

スーツ姿の城之内、昭和を思わせる古臭いワンピースを着た前田満子(水川あさみ)、着物姿の佐藤聖良(ブルゾンちえみ)という、ズレたファッションセンスの3名を見た丸の内研究センター長の国木田修(鈴木浩介)は、「われわれが提供するのはビューティーという女性にとって最上級の夢であり、それは常にキラキラと輝いて心をときめかせるものでなければならない。人は見た目が100パーセントですから」と叱責します。

丸の内にオフィスを移すという会社の決定は覆せません。城之内は「キラキラ女子の光で、私は逆光となって消えるんです」と言い転職活動を始めますが、結局うまくいかず会社にとどまることを決意します。かくして理系女子3名は、必要にかられて、ビューティー研究に勤しむことになるのでした。

誰かの、何かのためのお洒落という「呪い」の強化

男性であり、お化粧をしたことのない筆者は、お化粧をすることの難しさを体感したことがありません。過去に興味本位で「みんな化粧をどこで学ぶのか」を身近な女性たちに聞いたことがありましたが、ほとんどが独学でやっていると知って、「それはなかなか大変なことだな」と思いました。『美貌格差』(東洋経済新報社)という本では、見た目によって年収が2700万円も異なるという研究結果が紹介されていますが、こうした数字を紹介しなくとも、一般的に女性の多くが男性に比べて、見た目を判断材料にされる場面が社会的に多いことは想像できます。

だからこそ……このドラマをみていて複雑な気持ちになりました。お化粧をしたこともなければ、女性でもない筆者は、「どこまでこのドラマが現実的なのか」が想像できないのです。そして「第一目標は、理系男子に褒めてもらうこと」を目標にお化粧やファッションを学ぼうと扮装する城之内らの姿を見ていると、「このドラマは女性をバカにしているんじゃないか」と思えてなりません(同時に、理系男子をバカにしているようにも思えました)。見た目のことばかり気にする城之内たちを、いちいちコミカルに描写しているのも、その疑念に拍車をかけます。これ、いわゆる「呪い」を強化するドラマでしかないんじゃないの……と。

綺麗事かもしれませんが、女性の置かれている立場を一旦横におくと、お洒落は自分が楽しむためにする趣味でしかありません。小汚い格好をしないといった最低限の社会的なマナーは必要だと思いますが(「当たり前」とされる社会的マナーとは何かも考える余地があると思います)、かといって別に無理してお洒落をしなくてもいいでしょう。もし、このドラマが「女性は、きれいでなければならない。モテるためにお洒落をしなくてはならない」という「呪い」を解除するために、「お洒落は楽しむもの」「なぜ城之内らがここまでお洒落に奔走させられるのか」を問いかけるようなものであれば、「呪い」の解除に効果があるのかもしれません。しかし、「理系男子に褒めてもらう」「丸の内のお洒落集団には太刀打ちできない」といったセリフから推測するに、その方向に行く想像があまりできないのです。

1 2



go to source

ソウルを訪れる日本人女子のあいだで流行中!「イケメン逆ナン法」実践談

Seoul113

夕方以降がベストタイム。Photo by Tony from Flickr

 中国の韓国旅行禁止令で、ソウルの観光地から中国人が消え、それと同時に再び目立ち始めたのが日本人旅行者の姿。ポカポカ陽気に誘われて、「韓国人男子と恋したーい♡」日本人女子が増殖中! ソウルのあちこちで韓国人男子にあの手この手でアタックする日本人女子たちに遭遇する。みなさん、ほんと積極的だわ。

 ソウルの定番観光スポット・ミョンドン(明洞)で見かけたのは、キャップ、アウター、トレーナー、ジーンズ、スニーカー、リュックまで、全身“双子コーデ”できめた推定22、3歳の日本人女子ふたり。ひとりは旅行ガイドを広げ、もうひとりはスマホを持ちながら、ふたりそろってキョロキョロ、キョロキョロし続けている。コスメショップでも探しているのかな? と思いきや、どうやら少し違うようだ。

 しばらくキョロキョロすると、ひとりが突然その場からダッシュ。韓国人に近づき顔を確認したあと、「違う、違う」と手を振りながら戻ってきた。そのあともひたすら同じことを繰り返していた。

 んん? 人探し中? 誰かと待ち合わせでもしているの?

 ダッシュしては「違う、違う」、ダッシュしては「違う、違う」、これを何度も何度も繰り返したあと、ダッシュした女子が初めて「違う、違う」ではなく、「いい! いい!」と叫んだ。するとその瞬間、通りの端で待機していた相棒もそちらへ猛ダッシュした。

 何、何? いったい何なのよ? 探してた人が見つかったの? 何が「いい! いい!」なの?

 日本人女子に「いい! いい!」といわれたのは20代の韓国人男性。どうやら彼は自分が「いい! いい!」といわれたことは知らないようで、まっすぐ前を向いたまま歩いていってしまった。双子コーデのふたりは小走りでその韓国人男性に追いつき、彼に観光ガイドを見せながら、カタコトの韓国語で「ヨギ オディエ イッソヨ?(ここはどこにありますか?)」と話しかけた。

道を尋ねるのは、ただの口実

 韓国人男性は渡された地図を見ながら、日本人女子を近くのコスメショップまで案内。ふたりは店まで行く途中、男性に向かって何度も「カムサハムニダ(ありがとうございます)」といい、お目当てのショップに着いてからも、「カムサハムニダ」を大声で連呼。そして「テレフォン! テレフォン! プリーズ!」と叫びながらスマホを差し出した。

 はは~ん、これだったのね! 久しぶりに“これ”がまた流行ってるって聞いてたけど、そのウワサは本当だったのね!

 そうそう、“これ”とは、道を尋ねるフリをして韓国人男性に近づき、最後に連絡先をゲットするというもの。いまから5年ぐらい前、ソウルに遊びにきた日本人女子のあいだで、「手っ取り早く韓国人男性と知り合う方法」として密かに流行ったのだ。しばらく見かけないと思っていたが、どうやら最近また増えているらしい。

K-POPグループ「防弾少年団」ファンのミサキさんは、栃木在住の32歳。彼氏いない歴32年だが、去年1年でエッチした人数は5人! 「相手は全員逆ナンした韓国人」なのだとか。

「カンナム(江南)やイテウォン(梨泰院)にいるモデル風のイケメンを狙って声をかけてます。友だちと一緒のときもあれば、ひとりで声をかけるときもあります。地図を広げながら声をかけると怪しまれないし、100%返事をしてもらえますよ。韓国男子って日本人にやさしいから」

1 2



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ