おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

messy[メッシー]

妄想食堂「冷めたごはんを許せなかった私が、イエモンの再結成を喜べるようになった理由」

(c)飯塚めり

(c)飯塚めり

 ごはんが冷めるのが許せない。とくに自分が人のために作ったごはんが冷えていくことが。

 家族以外の人と毎日食卓を囲むようになって、もう4年ほど経つ。同居している彼氏と付き合い始めた当初、私はとにかく精神が不安定で、ものすごく愛情に飢えていた。彼との生活の中で、とくに気持ちのバランスを崩しやすかったのがセックスと食事の場面だったと思う。

 私はよく彼に手料理を食べさせていた。一人暮らしのキッチンは狭く、コンロも一口しかない。手の込んだものは作れなかったけど、できるだけ品数を揃えて食卓が寂しくないようにしていた。一汁一菜で済ませるのが、なんとなく悪いことのような気がしていたのだ。料理をすることに対して妙なプレッシャーがあったのだと思う。

 そして私は、なぜか“料理が冷めること”に対して異常な恐怖を抱いていた。インスタントスープの素に熱いお湯を注ぎ、前日に煮炊きしたおかずをレンジにかけ、炊飯器から米をよそい、コンロの上のフライパンから炒め物を盛り付ける。冷たいものは最後。水気が多くて冷めにくいものから並べていくことにこだわっていた。準備を手伝ってくれた彼氏がちょっとでも順序を乱したり、支度に手間取って料理が冷めたりなんかすると、途端に不機嫌になる。あれはほとんど神経症に近い感じだったと思う。

 本当は、ごはんが冷めることなんて大した問題じゃない。冷めていてもおいしくなくても、機嫌よく一緒に食べられることが一番なのだということははっきりとわかっていた。だけどやめられない。自分ひとりで食べるぶんにはそれほど気にならないのに、彼氏に作った料理が冷めるのはとても怖いのだ。なぜこんなにも、温かい食事を食べさせることに執着してしまうんだろう。自分でもよくわからなかった。

 私はTHE YELLOW MONKEYのボーカル・吉井和哉がとても好きだ。幼少期の境遇が自分と似ていて、そのトラウマをメラメラと燃やしているところに惹かれてしまう。彼は5歳のときに父親を事故で亡くしている。それ以来母親は息子に対する態度を厳しくし、まだ小さかった彼は、甘える対象としての母を喪ってしまった。私の父親も同じくらいの時期に亡くなっているし、母親も子どもを子ども扱いしてくれない人だった。幼いころに植え付けられた喪失感は痛いほどわかる。

 だから吉井和哉の自伝『失われた愛を求めて』(ロッキングオン)を読んでいて、「冷めてる料理を食べるのが、すごく嫌だった」というくだりを目にしたときには心臓を掴まれたような気がした。父が死んでからは、母親がホステスの仕事で家計を支えていたため、夕飯はつねに冷たい作り置きをひとりで食べていた。それがいまだにトラウマで、店なんかで冷えた料理が出てくるとはらわたが煮えくりかえりそうになる——これだ、と思った。

 厳しい家庭環境だったのかと言われればそれほどではないような気がするが、私の母親は子どもを甘やかしてくれる人ではなかった。妙に潔癖なところがあって、人間の汚さや弱さを受け入れられない。子どものわがままを、わがままとして聞いてくれることもほとんどなかった気がする。「こうしなければ」という感覚に縛られがちな人で、私はずっと「この人は私のことを条件付きでしか愛してくれないんじゃないか」と思っていたのだった。

 そんな母親が自分を珍しく「甘やかして」くれていると実感できるのが、ほかならぬ食事の場面だった。揚げたてのみちみち音を立てるフライや、鍋の中でふつふつしている煮物。「熱々が一番おいしいから」と言って、作りたてのおかずをつまみ食いさせてくれる。このときだけは母親から無条件に何かを許されている感じがした。私はそれがすごく嬉しかったのだと思う。だから執着してしまった。記憶に焼き付いた愛情の形を必死に再現しようとしていたのかもしれない。やたらと品数を多く作ってしまうのも、母親がそうだったからだ。

 バンドマンが年をとっていくのを追いかけている人にならわかってもらえると思うけれど、あの人たちは年々平和なおっさんになっていく。若いときは目がギラギラしてて、体型も不健康そうで、書く歌詞も死にそうに暗くて荒っぽくて、いろんな欲がドロドロに煮えたぎっていた。なのに年をとるにつれて、どんどん角が削れて穏やかに、つまらなくなっていく。端々から「人生捨てたもんじゃない」的な雰囲気が出始める。「ありがとう」を晴れ晴れとした顔で言えるようになったら末期症状だ。

 温かいごはんに執着していたころの自分は、年々健康になっていくおっさんたちが許せなかった。どうしようもなく裏切られた気持ちになって苦しかった。だけどよくよく考えたら、自分だってちょっとずつ平和になっている。まだまだ苦しい時期は抜けないけれど、それでもちょっとずつ許せることが増えてきた。再結成したTHE YELLOW MONKEYの健全さを喜ぶことだってできる。

 ごはんが冷めるのが許せない——でも、最近はそうでもない。出来合いのものを買ってきてもらうことも多いし、どちらかといえば作ってもらってばかりいる。たまに元気があるときは私も作るけど、かなり適当になってきた。もうそんなに食事が冷めることが怖くないし、焼けるような執着心と飢餓感に襲われることもない。つまらない人間になったかもしれないけれど、毎日のごはんを、それなりにおいしく食べられている。



go to source

心身の回復にかかる時間、回復するか否かは誰にもわからない。生活保護は心と命とを支える社会保障である/『助け合いたい』さいきまこ×『失職女子。』大和彩対談・後篇

SaikiYamato_b

左『助け合いたい』、右『失職女子。』両著者の対談

 貧困が、人から奪うものとは何か。お金がなければ生活の水準は落とさなければならない。娯楽などにかかる費用を真っ先にけずり、衣食住のコストは極力抑えることになる。それによって健康に影響が出ることもあるだろう。子どもがいれば教育にお金をかけられず進学などの選択肢が減る……。

 と、ここまでは多くの人が想像がつくはずだが、漫画家のさいきまこさんは、それだけにとどまらず、「経済的な不安は体だけではなく心も蝕みます」という。さいきさんの最新著書『助け合いたい~老後破綻の親、過労死ラインの子~』(秋田書店)には、困窮していくほどにうつ症状が重くなる40代の男性・漆原諒が登場する。

失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』(WAVE出版)の著者で現在も生活保護を利用中の大和彩さんは同書のなかで「貧困はIQを下げる」といったことを書いている。申請のための書類を前にしても、そこに文字が書いてあることはわかるのに、目の焦点が合わず読み取れない、内容も頭に入ってこない。貧困は心だけでなく、脳にもダメージを与えると考えている。

 両氏の対談、後篇は貧困によるこうしたダメージとそこからの回復、そのために生活保護はどう活用されるべきかをお話いただく。

▼前篇はこちら
誰しものなかに貧困への差別心がある前提のもと、私たちは社会保障について考えなければならない

まずは心身を休息させる

さいきまこさん(以下、さいき)「お金がないっていう不安が人の心にまで大きな影響を与えることは、もっと知られてほしいです。生活保護を利用することによって、今夜の寝るところ、明日のご飯代を心配しなくて済むようになる……これでどれだけ安心できることか。生活保護というとすぐに就労支援に結びつけられがちですが、まずそうやって身を落ち着けてから必要があれば医療にかかり、心身を休息させることが大事なんです」

大和彩さん(以下、大和)「私のもとにも常に『働きましょう』という案内が届きます。私も働きたい気持ちは強く持っているのですが、これまでは精神疾患に加え、もともとの持病が悪化して寝込んでいる時間のほうが長い生活でした。その持病が、職を失った原因のひとつでもあるのですが。痛みが強くて、脳のCPUの99%がその沈静化に使われている感じで、ほかに何もできない。食事もできないから常に栄養失調状態でした。最近になってやっと手術を受け、痛みの原因を取り除けました。それでもまだ身体がボロボロな状態なので、回復には時間がかかるのだとつくづく思います」

ーー『助け合いたい』では、保護が決定した女性が「生活保護を受けることで、自分を取り戻して生きたい」と前向きになる様子が描かれていましたが、大和さんもそう思われましたか?

SaikiYamato_d

(C)さいきまこ/秋田書店

大和なかなかそうは思えませんね。将来のことを考えれば考えるほど落ち込むし、何かに希望を託そうと思ってもその希望が思い浮かばない。もうこのまま死ぬのかなと絶望して、別に一生このままでもいいじゃん……という境地に至ってはじめて、やっと、最後にもうちょっと生きてみようか、という気持ちになれました」

さいきそういうものなのかもしれませんね。『早くよくなりたい』『治さなきゃ』と焦っているうちは心も身体も回復しなくて、『もういいや、これで』と自分を受け入れることができてはじめて変化が訪れるのでしょう」

1 2 3



go to source

誰しものなかに貧困への差別心がある前提のもと、私たちは社会保障について考えなければならない/『助け合いたい』さいきまこ×『失職女子。』大和彩対談・前篇

SaikiYamato_a

それぞれの本を手に話す、さいきまこさん(左)と大和彩さん(右)

 人は無意識のうちに、他人と自分との違いを探し出す。それは劣等感につながることもあるが、「あの人と比べると、私は大丈夫」と、ひとまずの安心を得る材料にもなる。

助け合いたい~老後破綻の親、過労死ラインの子~』(秋田書店)を読んでいるとき、筆者はそうした“違い”を探していたように思う。本作では、特別に裕福ではないけれど、これまでつつがなく人生を送ってきた老夫婦と40代の息子があれよあれよという間に困窮し、結婚して別に家庭を営む娘の援助を受けても間に合わず、持ち家を手放し、ますます追い詰められていく様が描かれる。

 親の健康状態や資産、きょうだいの就労状況などについて、思わず「ウチの場合は」と違いを見つけ出そうとしていたが、読み進めるうちにふと気づく。ディテールに違いはあっても、俯瞰すれば大差ないのではないか。精神疾患も含む病気は誰にでも訪れるものだし、いとも簡単に「働けない」状態に陥ることもある。つまり、この一家に起きたことは他人事ではない……。

 同書の著者、さいきまこさんは貧困と生活保護をテーマにした作品を継続して発表している。『陽のあたる家~生活保護に支えられて~』『神様の背中~貧困の中の子どもたち~』(共に秋田書店)につづいて、本書はその3作目に当たる。大和彩さんは『失職女子。~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで~』(WAVE出版)を2014年に著し、現在も保護を受けながら心身の回復を目指している。

 両氏の対談は、“違い”を探す人たちについてから始まった。

まさか自分たちが…

さいきまこさん(以下、さいき)「ウチは大丈夫と思っている人でも、リストラや病気、子どもの失業などを機にどんどん経済状況が悪化していくのは、取材をしていてもよく聞く話です。『助け合いたい』の老夫婦は住宅ローンを完済していた、子どもたちも自立していた、そして何より特にぜいたくをすることもなく暮らしていたのに、『まさか自分たちが』という状態に陥りました。誰にとっても、どの家庭においても起きうることとして描いたのですが、コミック誌で連載中に『この人の漫画はいつも“誰もがこうなりうる”みたいに思わせるけど、こんなの一部の特殊な人でしょ?』という感想が届きました」

ーー自分との“違い”を見つけて、そういうわけですね。

さいき「そうだと思います。たとえば過去の作品でも、父親の病気をきっかけに困窮していく家庭を描きましたが、病名はあえて具体的に書かなかったんです。『ウチも夫が入院したけど、違う病気だから大丈夫』と受け取られると困るので。そうしたら『ウチは丈夫な夫でよかった』という感想が届きましたが」

大和彩さん(以下、大和)「私の場合は“体重”ですね。『失職~』で、リストラ後の求職活動中に体重が100kgあったことを明かしています」

自分は大丈夫という思い込み

大和「すでに健康的な食生活もままならなくなっていたうえに薬などの影響で体重が増加していたのですが、そこが自分たちと違う部分、特異な部分だと思われたのでしょう。『だから就職できないんだ』『まずは痩せてからにしろ』という感想をSNSなどでよく見ました」

ーー自分はそんなに太ってないから職を失ってもなんとかなる、と思いたいのでしょうか。

大和楽天的になりたいから“違い”を探すのかというと、そうともいえないところがあると思います。『失職~』に登場する行政側の人たちは、みなさん親切です。私は誰もが追い詰められる前に生活保護を利用したほうがいいといいたくてこの本を書いたので、申請の抵抗を少なくするためあえて親切さを強調したところはあるのですが、ネットには『この人の場合はケースワーカーがやさしかったから申請できたんだよね』という感想もありました。自分と違って特別にラッキーだったからに違いない、と」

1 2 3



go to source

アラサーでも大学の学園祭で出会いはあった! 年下男子に囲まれて、ナンパされる必勝法

mihotantop

 みなさんこんにちは、みほたんです。すっかり秋……というかもう冬ですけど、秋の出会いといえば学祭! もう何年も言い続けていて、お前いくつまで言うねんって感じですけど、いまだ捨てきれない「学祭で男子大学生に出会う」という憧れ。これが叶うまでは良縁探しは辞められない……辞めることは出来ないのです!

 とはいえ、ずっと願い続けているものの、なかなか同行者が見つからず実現しておりませんでした。そりゃ明らかに三十路前後に見える女がひとりで学祭来てたら、多分みんな見て見ぬふりしますからね。そう、学祭って基本お昼じゃないですか。クラブとか飲食店に比べて、明るい屋外っていうのは年齢を隠せませんからね!

 というわけで、出来れば女子大生、せめて25歳以下の同行者女性を探していたのですがなかなか見つからず、今年も諦めかけていました。しかし! そんな私に女神が舞い降りたのです! 前回のナンパバーで知り合った若い女の子2人組。出会ってすぐに「学祭に行きたい! 一緒に行ってくれる子がいない!」と駄目元で泣きついたところ、私が目星をつけていた大学が偶然地元だったらしく「いいですよ! 私たちも行こうと思っていたので!」と快く引き受けてくれました。

 一応事前調査をして(男性向けのナンパブログとか読みました)、比較的キャンパスが広くて学生が多く、ノリの良さそうな某大学をチョイス。いや~私、自分のところの学祭って全日程行ってたんですけど、ちゃんと楽しんだことがないんですよね。何ぶん軽音楽部の活動に打ち込んでいたので、朝8時から夜8時までずーっと自分の部展会場にいたもので……。部外にあんまり友達いなかったし。だからこそめちゃくちゃ憧れてるんだと思います。うおー! 男子大学生に出会うぞー!! 失われた青春を取り戻すぞー!!

 さて当日、最寄駅の改札口で女の子たちを待っていたのですが、改札から出てくる人も、私と同じように待っている人も、みーんな若い! それも圧倒的に若い! よく考えたら高校生とかも遊びに来るわけで、目に映るすべての男女が若いんです!

 ちなみに同行してくれた女の子たち、てっきり学生なのかと思っていたら、年齢は21歳だけど短大を出ているので既に社会人でした。合流すると、彼女たちも同じように「大学生って若い!」「歩いてる人全員年下に見える!」と小声ながらも興奮した様子で話していました。「みんなキラキラして見える! 私なんてもうおばさんだ……」なんて言い出す始末。彼女たちからさらに年くってるのに浮かれてる私は一体……と一瞬、暗い気持ちになりながらも無事到着しました。

 私の読みは当たっていて、校内に一歩踏み入れるとノリの良さそうな男女がたくさん! いや~! これは出会いあるでしょ! ナンパあるでしょ! とニヤニヤしながら歩き出しました。最初のエリアが一番模擬店が盛り上がっている場所だったらしく、ミナミや歌舞伎町のキャッチかなってくらい売りこみが凄まじかったです。人の数もすごかったので、もう歩くのも困難なくらい。大きい大学の学祭ってすごいなー!

 右から左から来る男子大学生の応酬! 私が声かけられるたびにへらへらしている一方で、若者2人は「焼鳥!? 今甘いものが食べたいんで~」「いらないで~す」と立ち止まることなくキャンパスを突き進んでいきます。いや、もったいないもったいない。しかも、彼女たちはさすが地元。あちこちで知り合いに遭遇しては走っていって「久しぶり~!」「なんでいるの~!?」と黄色い声をあげていました。すごい……強い……。

1 2 3



go to source

ざわちんメイク動画がショボイ!! 有名メイクYouTuberと比べるとお粗末すぎる出来

「ざわちん Channel」より

「ざわちん Channel」より

 ものまねメイクでおなじみのざわちん(25)がYouTube公式チャンネル「ざわちん Channel」を開設し、さっそく動画をアップしている。

 今月11日にブログで「YouTubeをはじめること」を告知していたざわちん。YouTubeに関しては、デビュー当初から依頼されていたそうだが、“やっと重い腰をあげた”そうだ。「YouTubeのざわちん」は、ものまねメイクにとらわれず「みんながメイクを一種のお洒落としてもっと楽しめるように、ナチュラルから派手めなメイク法まで、いろいろなメイク法をシェアしていきたい」そうだ。

 ざわちんは先日、女優の山田優とイベントに登壇した際、「瞳と瞳の距離感」や「骨格」が違いすぎるという理由で山田のものまねメイクを断念している。その際、「静止画だったら似せる自信はあります。でも、動画はちょっと無理」とも話していた。ざわちんはブログでは数多くの有名人のものまねメイクの写真をアップしている。しかし、その写真の一部は有名人の写真を自分の顔写真に重ねて加工しているのでは、という疑惑が根強い。ともかく、YouTubeは「動画」であるため、ものまねメイクだけでは厳しいのかもしれない。

 第一弾としてアップされた動画では、ものまねメイクではなく、ざわちんが普段行っているメイク方法を紹介している。初回なので自己紹介からはじまり、「普段のメイクを(ブログに)載せたことがなかった」ということで、ベースメイクから自身の普段メイクをレクチャーしている。

1 2



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ