おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

女子SPA!

小林麻央に拍手!“がん”から復帰した意外な芸能人たち

 2016年6月に乳がんを公表し、闘病生活を続けている小林麻央(34)。4月には、生死に関わる輸血を受けていたことも大きな話題になりました。そんな彼女の懸命に生きる姿に多くの人々が心を打たれています。

小林麻央

小林麻央ブログより https://ameblo.jp/maokobayashi0721/entry-12249578112.html

 ここ数年、芸能人が病気を公表することが珍しくありません。以前は病気とわかると仕事が減るため業界ではタブー視されていましたが、現在はオープンにしても支障がないということがわかり、多くの芸能人が公表に踏み切っています。

 そこで、実はがんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人を30代女性200人に聞いてみました(※)。
======
がんと闘病した経験があると聞いて「驚いた」「意外だ」と感じる芸能人は誰ですか?(複数回答、カッコ内は病名)

8位 ピーコ(メラノーマ) 16.5%
8位 柴田恭兵(肺がん) 16.5%
8位 北斗晶(乳がん) 16.5%
7位 渡辺謙(胃がん) 18.0%
6位 だいたひかる(乳がん) 18.5%
4位 つんく(咽頭がん) 20.0%
4位 和田アキ子(子宮がん) 20.0%
======

 北斗晶(49)は2015年7月に乳がんに罹患(りかん)したこと、手術を受けることを公表しました。「元プロレスラーで鬼嫁」という病気とは真逆の強いイメージだっただけに、意外と感じる人が多かったのでしょう。

 現在は仕事復帰し、病気前と変わらず元気な姿を見せてくれています。

北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る

『北斗晶オフィシャルブログ そこのけそこのけ鬼嫁が通る』(https://ameblo.jp/hokuto-akira/)

 2014年3月に早期の咽頭がんが発覚した、音楽プロデューサーのつんく(48)。歌手としてもヒット曲を連発しただけに、2015年に声帯を摘出した時は衝撃的でした。

次ページ3~1位はこちら

  • 1
  • 2


go to source

結婚式・パーティでたった「25万円未満」も急増!コスパ婚がトレンド

 6月は、日本では梅雨なのに、欧米にならって「ジューンブライド」が浸透していますよね。今どきの結婚式事情は、どう変化しているのでしょうか。

ぐるなびウエディング 花嫁 ぐるなびウエディングによる「ぐるなびウエディングレポート2017」によると、2016年に結婚した人の「挙式」「披露宴・披露パーティー」の総額平均は243万7000円。実はこれ、2015年に比べて約10万円、2014年と比べると約27万円も低くなっていて、3年連続の減少傾向にあることがわかりました。

 また、未婚者に結婚式の相談はしづらいという共通の課題から、「花嫁会」と呼ばれるプレ花嫁同士が情報交換する場への参加希望が20代を中心に高いようです。

 今回はこの調査結果をもとに、結婚式の最新事情をご紹介します。

結婚式についての相談は、未婚女性を避けるのが無難?!



 まずは準備編。結婚が決まると幸せいっぱいな反面、何かと不安や疑問も生じて誰かに相談したくなるものです。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717446

結婚に関する相談がしづらかった人 既婚者が結婚前に相談する相手として、最も「相談しづらい」と感じたのが「独身の友人・知人」で28.4%。「既婚の友人・知人」がわずか2.6%なのに対し、大きく差をつける結果となっています。

 その理由は「先に結婚するから気まずい。(20代前半)」「どんな相談もノロケになってしまいそう…。(30代前半)」といった回答にあらわれています。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717447

結婚式に関する相談をうけ、内心不快に感じたことがある人 実際のところ、23.4%の女性が「友人・知人から結婚式に関する相談を受けて、内心不快に感じたことがある」と回答。これは、20代よりも30代の割合が高くなっているので要注意です。

 中には「結婚の波に乗り遅れていると悩んでいることも知らず、笑顔で自慢されると疲れる。(20代前半)」「幸せオーラをなびかせながら未婚の人を見下して話していたから。(30代後半)」など厳しいコメントも。結婚を前にテンションが上がってしまう「ウエディングハイ」になっていないかも気をつけたいところです。

「プレ花嫁会」がSNSを中心に人気を拡大中!



 「プレ花嫁会」という言葉をご存知でしょうか。これから結婚式を挙げる予定の女性たちが情報交換をするコミュニティのことで、シンプルに「花嫁会」とも呼ばれています。

⇒【グラフ】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=717450

「プレ花嫁会」の認知度 「プレ花嫁会」への参加希望 SNSでも話題で、未婚女性の間でじわじわと拡大中。今のところ20~40代未婚女性の認知度は3~4割程度ですが、「参加したい」「やや参加したい」と回答した人は未婚20代で56.4%、未婚30代で44.7%、未婚40代で39.3%と、年齢が若いほど関心の高さがうかがえます。

 特に未婚20代のうち、20代前半の6割以上が「プレ花嫁会」への参加を希望しています。これはやはり、未婚の友達には相談しづらい、かといって周囲に既婚の友人が少ない、だからこそ同じような境遇で気軽に相談できる相手を「プレ花嫁会」に求めているためと言えそうです。

「あなたはどうした?」「私はこれがおすすめ」という口コミの力は、結婚式においてもますます強まっていくのかも知れません。

次ページ式・披露宴にかかったお金がたった「25万円未満」が増加中

  • 1
  • 2


go to source

飲み会の翌日は何を食べるべき?700人が10kgヤセた「我慢しないヤセ習慣」3選

「ヤセたいのに、ダイエットを続けられない」と悩んでいる女性はとても多いです。

 そこで、700人を10kg以上ヤセさせた実績のあるダイエットコーチEICOさんに、誰でも続けられるダイエットのコツを教えてもらいました。

自身が20kg減量に成功してわかったこと



EICOさんの太っていた頃(左)と、痩せて準ミス日本に選ばれた頃

EICOさんの太っていた頃(左)と、痩せて準ミス日本に選ばれた頃

 実はEICOさん自身も、21歳のとき1年で20kgの減量に成功し、翌年「準ミス日本」に輝いた経験があるのです。

「ダイエットが続かないのは、『我慢しなきゃいけない』と思っているからです」とEICOさんは語ります。

「ダイエットを夏休みの宿題のような『義務』だと思っているから、続かないのです。わざわざ重い腰をあげてするのではなく、日々の生活に直結していて無理なく続けられる『ヤセる習慣』を身につければ、すんなりヤセられます」

 最新刊『ダイエットコーチEICOの我慢しないヤセ習慣200』には秘伝のヤセ習慣がたっぷり紹介されていますが、今回は、まず試してほしい3つをご紹介します!

①スーパーではカートを使わない



「カートを使って買い物すると、つい買いすぎてしまいがち。カゴを持てば重くなるのが嫌なので、自然と必要な物しか買わなくなります」

 本当は必要なかったお菓子やスナックを買いすぎてしまわないための工夫です。これならすぐに実践できますね!

スーパー

②おなかがペコペコになるまで我慢しない



 EICOさんが太らない一番の理由がこの「おなかがペコペコになるまで我慢しない」という習慣だそうです。

「おなかがすきすぎると正しい判断ができなくなり、ジャンクフードや揚げ物などを大量に食べてしまいます。ダイエットを頑張っていたのに、どうでもよくなってしまうのは、たいていお腹がすきすぎたときです。ダイエット中こそ、3食きちんと食べるようにしましょう」

 たしかに、おなかがすきすぎるとカロリーの高い物を無性に食べたくなりますよね。EICOさんは、どんなにおいしいお店で食事する予定があっても、おながペコペコになりそうなときは、軽く何かを食べていくそうですよ。

③飲み会の翌日はキノコと海藻をたくさん食べる



「キノコと海藻は量を食べてもカロリーが低いので、前日の食べ過ぎがなかったことになる」という嬉しい情報が!

海藻サラダ「特に、わかめやもずくなどの海藻類には腸から脂質を吸収するのを防ぎ、脂肪を体外に排出しようとするフコダインという栄養素が含まれています。脂質が多いものを食べた翌日にたくさん食べると効果的といえます」

 どの習慣も、とても簡単ですよね。82kgあったEICOさんが20kgヤセられたんだから、きっと私たちにもできるはず!

【ダイエットコーチEICO】
マンツーマンで700人以上のダイエットを指導。自身も21歳のとき、1年でトータル20kgの減量を達成し、翌年、準ミス日本に輝く。主宰するオンラインレッスン『EICO式プライベートレッスン』では、カウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、ダイエット法をコーチングしている。著書に『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセました』『どうしてもヤセられなかった人たちがおデブ習慣に気づいたらみるみる10kgヤセましたPREMIUM』など。

<TEXT/ともりん>



go to source

元カレの“エッチの順位”をぶっちゃけたケイティ・ペリー。過去の自殺願望も明かす

 アメリカの人気歌手ケイティ・ペリー(32)が、元恋人の中でジョン・メイヤー(39)を“最高の相手”に挙げた。

 同じくミュージシャンであるジョンとケイティは、2013年にアルバムで共演。2015年まで交際と破局を繰り返していた2人だが、ディプロやオーランド・ブルームらケイティが過去に付き合った恋人の中で、ジョンが最高のセックスの相手だそうだ。


 先日ケイティの公式YouTubeチャンネルで放映されたジェームス・コーデンとのインタビューの中で、元恋人の性的アピールについてランク付けしたケイティ。1番のジョンに続いたのは、最も最近の恋人で、ケイティとのバカンス中に全裸でパドルボートを漕ぐ姿を撮られたオーランド。そして3番目は、2014年に短期間だけ交際していたディプロを挙げ、2009年に噂のあったジョシュ・グローバンについては「逃れられた人」と表現した。

「世界一稼いだミュージシャン」の1位に輝いたことがあり、ツイッターフォロワー数でも世界一を誇る超大物スターとなったケイティだが、同番組内で過去に自殺願望を抱いたことがあることも明かし、視聴者を驚かせていた。

ケイティ・ペリー

自殺願望を抱いたことがあると明かしたケイティ・ペリー

 有名精神分析医のシリ・サット・ナム・シング医師に対してケイティは「自分で恥じてるから辛いのよ。だってケイティ・ペリーはもちろん強い人なわけでしょ。でも自分が落ち込んだり、うつっぽくなっていることに自分で恥ずかしさを感じるから辛いの」と胸中を明かしていた。

 シング医師から、早まった行動を起こすよりも、その気持ちに向き合うことは良いことだと言われると、セラピーセッション中ずっと涙していたケイティはこう語った。

「私は『バイ・ザ・グレイス・オブ・ゴッド』という曲を書いたの。だって私が神と呼ぶ自分よりも大きな存在がいると信じているから。それに私はこんなに素晴らしい人生を送ることができて、それに対して一生懸命努力もしているし、私には恵まれた才能があるわけでしょ。でも神様が気にかけてくれてもいるの。あまりにも辛くて自分ではどうしようもなくなった時、神様がその愛を見せてくれるの。それでなんとかやっていけるのよ」

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>



go to source

元夫に月330万円払え!?「配偶者扶養料」の決定に米歌姫がブーイング

 “クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウル”と称されるアメリカの歌手、メアリー・J.ブライジが、破局した夫マーティン・アイザックに配偶者扶養料として、月に3万ドル(約330万円)を支払うことになった。

メアリー・J・ブライジ

メアリー・J・ブライジ

 当初マーティンが要求していた月12万9319ドル(約1400万円)と比較すると少ないものの、メアリーはこの高額な配偶者扶養料の支払いを要求された。またメアリーは昨年9月に遡って支払わなければならないうえ、『TMZ』のレポートによると、弁護士費用23万5000ドル(約2600万円)も追加されるという。

 今年3月、出演したラジオで「どうして私が払わなければならないの?」「フェアじゃない」と語っていたメアリー。夫と破局してからの心境をこのように語っている。

メアリー・J・ブランジ

2007年4月、仲睦まじいツーショットを見せていたころの2人 (C) Featureflash

「素晴らしいことは、私の中からダークな部分を解放する機会を得て、そしてファンたちに笑顔やみんなが感謝できるものを与えるってことね」「毎日がチャレンジだわ。裁判だもの。でもこの裁判の最中でも、自分の世話は自分でするわ。エクササイズして、お祈りして、前向きに笑顔を忘れずにね」

 また破局についても、「たくさんのことが起きているから、毎日がその過程にあるわ。でもこの暗闇の中にだって光は宿っているのよ」「自分はこの何年もあの人が望んでいる人物ではなかったってことに気付いたのよ。しかも他の人の方が自分よりいいなんてね。とても傷つくわ」と語っている。

 アメリカでは、夫婦のうち収入の少ない配偶者に対し、別れた後の経済的支援として配偶者扶養料が支払われることがあるという。この配偶者扶養料をめぐっては、ジョニー・デップが破局した元妻のアンバー・ハードから、毎月約5万USドル(約550万円)もの扶養料を支払うよう請求されて話題になった。ジョニーは、その扶養料の支払いを拒否したと伝えられている。

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ