おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

独女通信

農家の嫁になりたい人のための専門婚活サイト「Raitai」〜恋の種まき〜

農業専門婚活サイト「Raitai」〜恋の種まき〜農家の嫁になりたい人のための農業専門婚活サイト「Raitai」が、2017年3月にオープンした。

同サービスを立ち上げた代表の岩立友紀子さんは、自身も証券会社に入社後、1年半で「食べ物を作って生きていきたい」と思い脱サラ。23歳で単身宮崎県へ飛び農業法人で働いた後、千葉県柏市で独立就農をした経験の持ち主だ。

一人農業をしながら、「新農業人フェア」という農業の就職相談会で女性相談員を3年間勤めた岩立さんだが、女性が農業法人で男性と同じように働くのはとても厳しく、また一から農園を立ち上げようものならもっと大変な現状を身をもって体験していたことから、相談者の背中を簡単に押すことができずもどかしさを感じていたという。

そんな中、いつかは家族で農業がしたいと思い「農コン」に参加。農家の長男と出会い結婚したことで「これでやっと一生農業ができる土台ができた」と実感したことがきっかけとなり、女性が永く農業に携わるには「農家の嫁」になるのが一番だと痛感。クラウドファンディングで資金を集め、同サービスを立ち上げた。


農家はシャイな人が多いことから、マンツーマンでじっくり話せる仕組みが必要だと考え、全国規模で出会える農業専門婚活サイト「Raitai」を作ることにした岩立さん。同サービスで農業、または田舎暮らしがしたい女性と、嫁不足に悩んでいる農家の後継ぎを繋ぐサポートをしたいと考えている。

■ サービス概要
<会員登録後無料で使えるサービス>
・Raitai内での異性とのメッセージのやり取り
・管理人への恋愛相談(電話、メール)
・あなたに合うお相手紹介

<登録条件>
男性条件:農家(専業・兼業)農業法人従事者、新規就農希望者
女性条件:農業、田舎暮らししてみたい方、農家の跡取り娘
※男女ともに年齢制限なし、独身証明書を提出する必要あり。

<月額登録料>
男性:1ヶ月 4,000円
   3ヶ月 9,000円
   6ヶ月 15,000円
女性:1ヶ月 2,000円
   3ヶ月 4,000円
   6ヶ月 6,000円

<別途費用のかかるサービス>
イベント優先招待(農コン、恋愛講座、マナー講座、メイク講座など)
初対面時の管理人同席サービス(管理人の交通費、飲食費を負担)

<関連リンク>
実はクリエイティブ! 結婚しても続けたい『農業女子』になったワケ
Raitai ~恋の種まき~


go to source

期間限定『OZmagazine (オズマガジン)』 が8年分無料で読み放題

期間限定『OZmagazine (オズマガジン)』 が8年分無料で読み放題株式会社富士山マガジンサービスは3月14日(火)より、スターツ出版株式会社の発行する『OZmagazine (オズマガジン)』のバックナンバー約8年分(デジタル版)を雑誌のオンライン書店『/~\Fujisan.co.jp』にて5月11日(土)までの期間限定で無料公開しています。

2008年06月12日発売号から2017年02月10日発売号まで、その数96冊分。雑誌のオンライン書店『/~\Fujisan.co.jp』に無料会員登録をすることで、パソコンだけでなく、iPad/iPhoneやアンドロイド(Android)などのスマートフォンやタブレットで無料で閲覧する事ができます。

「日常をていねいに」をコンセプトに日常の中の「よりみち」を通じて「いい1日」を提案して来た、創刊30年になる『OZmagazine (オズマガジン)』。会員登録なしでも閲覧できるおすすめテーマも公開されています。

ひとり東京さんぽ(http://fujisan.ms/OZmag01f)
編集部が実際にひとりさんぽを楽しんだ全13エリアを徹底ガイド。完売した大人気号も読めちゃう♪

鎌倉(http://fujisan.ms/OZmag02f)
観光スポットだけじゃない。小さなコーヒー店も、古くからの駄菓子屋も。鎌倉の隠れた魅力が満載♪

銀座/丸の内(http://fujisan.ms/OZmag05f)
銀座グルメの決定版。ランチ、ディナー、スイーツ。気がねせずに楽しめるわくわくを。

http://fujisan.ms/OZmag01f

<関連リンク>
「子供欲しい…」の焦りを止めるために 独女が「たまごクラブ」を読んでみた
OZmagazine (オズマガジン) 読み放題キャンペーン


go to source

「料理ができない」よりも…男性が「別れよう」と思った原因トップ5

男性が「別れよう」と思った原因ブライダルジュエリー専門店、銀座ダイヤモンドシライシ(http://www.diamond-shiraishi.jp/)は20歳~39歳の既婚・未婚の男女500名を対象に、インターネットによる『新生活&プロポーズに関する意識調査』を実施。

入学・就職、引っ越しなど環境の変化が多い春は、出会いの季節です。男性は出会って気になった女性には、どんな行動をとってしまうのでしょうか? 「あなたが気になる異性に取ってしまう行動として当てはまるものをお答えください」という問いにはこんな回答が集まりました。

■ 男性が気になる異性にとってしまう行動

1)チラチラ目で追う(30.4%)
2)用がなくても話しかける・連絡をする(25.6%)
3)ボディタッチ(22.4%)
4)頻繁に会うきっかけをつくる(19.6%)
5)頭ポンポン(19.2%)

以降、「わざと意地悪をする(17.2%)」「他の人に見せない笑顔(16%)」と続きます。これらの行動をされていると感じたら、脈ありかもしれませんよ。

また、春は別れの季節でもあります。男性は女性のどんなところをみて「別れよう」と思うのか。「別れる原因となった相手のダメだったところをお答え下さい」という問いには、こんな回答が集まりました。

■ 男性が「別れよう」と思う原因トップ5

1)時間にルーズ(30%)
2)お金にルーズ(25.5%)
3)自己中心的(25.5%)
4)異性関係にルーズ(21.8%)
5)浮気性(15.5%)

他にも選択肢としてあった「料理ができない(10.9%)」「掃除ができない(10.9%)」「お酒(9.1%)」よりも、「時間やお金にルーズ」だったり「自己中心的」であることが、別れる原因としては大きいようです。6位以降は「嘘をつく(12.7%)」「優柔不断(11.8%)」と続いていることからも、カップルになったからといって慢心せず、「親しき仲にも礼儀あり」を心がけるのが良さそうですね。

また、同アンケートではお付き合いが長続きする秘訣も調査。日常的に「ありがとう」をきちんと伝えているカップルは約8割にのぼり、そのうち約7割は、交際が2年以上続いていることが判明しました。お互いに感謝の気持ちを伝え合うことも、お付き合いが長続きする秘訣のようです。

本命になる技術
藤本 シゲユキ
WAVE出版
2017-04-22



<関連リンク>
「絶対ナシ」だった相手が恋愛対象になったきっかけは?

ラブラブカップルの長続きの秘訣教えます!合言葉は「ありがとう」 新生活&出会いの季節。春の新生活をHAPPYに! 男女別で見る、気になる相手にとってしまう行動5選をランキングで発表!




go to source

第3の愛の記念日「オレンジデー」絆が深まるキャンペーン実施中

第3の愛の記念日「オレンジデー」絆が深まるキャンペーン実施中4月14日は「バレンタインデー」「ホワイトデー」に続き恋人や夫婦が愛や絆を確かめあい、オレンジやオレンジ色のものを贈るといいとされている「オレンジデー」。そんなオレンジデーの普及を応援した『トロピカーナ「オレンジデー」キャンペーン』が開催されています。

■ 石垣島の「グランピング」で絆を深めよう

「グランピング(Glamping)」とは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)をかけ合わせた造語。準備も何もいらない、宿泊施設が提供している贅沢なキャンプです。
キャンペーンの一環としてキリン・トロピカーナ株式会社では、グランピングが楽しめる屋外レストランと、コンドミニアムタイプホテルの複合施設「石垣島グランピングリゾート『ヨーカブシ』」での2泊3日のグランピング体験(10組20名様)が当たるクイズを実施しています。

応募は簡単、4月14日は「◯◯◯◯デー」の4文字を答えるだけ!WEBサイトからの応募は4月5日からとなっています。そのほか、対象商品のバーコード5枚を贈ると1000名様にトロピカーナの「オリジナルピクニックセット」が当たるキャンペーンも同時開催中です。


■ 1日限定!グランピング仕様のカフェ出現

また、4月9日には東京タワーでイベントも開催。1日限定のグランピング仕様にアレンジされたトロピカーナ「オレンジデー」カフェが出現します。お互いにメッセージカードに書いた気持ちをステージで発表した後は、「オレンジデー」カフェでオレンジジュースを味わいながらゆったり。1日限定の非日常な空間で、素敵な思い出をつくりましょう。




<関連リンク>
石垣島の旅が抽選で10組20名様に当たる!トロピカーナ「オレンジデー」キャンペーン!
オトナ女子のバレンタインを成功させる”Todoリスト”


go to source

結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときに

結婚となると急にハードルが!? 「外国の方との交際」を考えるときにアラサー世代の独身女性を描いた人気漫画『東京タラレバ娘』が遂にドラマ化。第1話では、「このままだと“ひとりオリンピック”になってしまう!」と連呼していたのが印象的でした。オリンピックムードも高まるなか、近年は来日外国人の数も急増中。日本政府観光局のデータによれば、訪日外国人の数は、この12年で約4倍も増えているそうです。必然的に外国人との出会いも増えるなか、いざ付き合うとなるとどういう点が楽しいの? 友達にはなれても、一生のパートナーになるのはやっぱり大変じゃないの?…などなど、経験者たちに改めてそのあたりの実情を尋ねてみました。

■ 年齢より個性を見てもらえる! 外国の方との恋愛、「ここが幸せ」

まずは、外個人との交際でよかった点から。よく言われるのが、愛情表現ですよね。「何でも言葉にしてくれる(かわいいねなど)」「誉める、からかう、のバランスが良い」と言葉面をあげる意見もいれば、「人前でのスキンシップを恥ずかしがらない」「楽しませようと頑張ってくれるし、外出デートも頻繁にしてくれる。日本男性は“家でまったり”が好きで、外出に積極的ではない人が多かった」といった行動面での意見も見られました。世界的に見ても、拘束時間が長いと言われる日本企業。仕事で疲れを溜めすぎているのも、外デートを頑張れない人が多い原因のひとつなのかもですね…。


そして、「年齢を気にされず、全てを個性として見てもらえる」「彼女からパートナーになったときに感じた愛情の大きさ」といった意見も。特に欧米は“パートナー文化”なので、一対一の対等な関係を築きたい女性には向いているのかもしれません。「家族ぐるみの付き合いが多い」という意見もありましたが、結婚を約束していない恋人でも家族の場に気軽に連れてくる、というのも日本にはあまりない文化のひとつですよね。

「言葉が違うと、聞き流せることが多いのは意外なプラス面。喧嘩も途中で諦めるので深刻化しない」「一生懸命に会話して伝え合っている感じが楽しい」なんて意見も見られました。“言葉の壁”が良いほうに作用することもある様子。細かいニュアンスまではどうせ伝えあえない、育った文化が違うし…などと良い意味での諦めがある分、うまくやっていきやすい側面もあるのかもしれません。

そのほか、「エスコートがスマート」「レディーファースト」「料理をしてくれる」など紳士的な振る舞いを挙げる人や、「海外生活が長かったし、日本の息苦しいしきたりになじめないタイプなので、日本人と付き合うよりスムーズ」という人もいました。

■ 結婚となると、急にハードルが高くなる!? 言葉の壁より大変なことは?

続いて、外国の方との交際で大変なところも尋ねてみると、「なんだかんだ言っても、言葉の壁がある」「伝えたいことがストレートに伝わらないことがあるし、私が知らない単語が出てくると困る」などなど、前項と反し、言葉の違いのマイナス面を挙げる人が複数。「言葉というより考え方の違いに戸惑う」という人もいました。

軽めのハードルでは、「付き合う以前の共通項がない(昔見たテレビやマンガ、流行ったこと等)のが寂しい」「好きなドラマや俳優の話ができない」など文化背景の違いを挙げる人や、「彼に付いて海外にきましたが、日本食が日々恋しい」「外国人の旦那が、納豆と卵かけご飯を嫌いなことがハードル」など食生活面を挙げる人もいました。

一方で、深刻なハードルも。「結婚予定の彼と、永住ビザの関係で半年会えないことに。手続きの面倒くささに驚いた」「在留資格を取る申請の途中で、心折れそうです」などなど。日本人同士のように、婚姻届を出せば完了とはならないのが国際結婚。国によっては煩雑な手続きが発生し、何度も申請に行かねばならないことも。偽装結婚や不法滞在を避けるために必要な手続きとはいえ、「平日日中に役所や大使館に何度も通う」というだけでも結構な負担ですよね(汗)。

そのほか、親や家族の問題を挙げる人(「結婚を決めたときに、親の猛反対を受けた」「英語を喋れない相手の親と、仲良くなれない」)もいれば、住む国を変えることや今ある環境を捨てなければならない悩み(「どうしても今の仕事を辞める決心がつかず、一旦別れたが復縁した」「最終的にどちらに住むかでお互いが譲れず、別れに至りました」)を挙げる人もいました。

結婚となると、急に深刻な問題が出てくるのだな…と思い及んだところで、「まあ、それは日本人同士でも割と同じかもしれないな」とも思った次第(笑)。国策や国政の影響を受ける…といった特殊なリスクはありますが、日本人相手でも親の反対を受けることはあるし、急に転勤や退職をしなければならないこともある。一時的にマイナスに思えることがあっても、長い人生で見ればプラスに作用したりもするもので、外国の方相手でも、相手との未来を前向きに考えられる人だけが、国境というハードルを超えられるのかもしれませんね。

皆さんは、外国の方との恋愛や結婚を考えたことがありますか?(外山ゆひら

<関連リンク>
外国人の彼との結婚に立ちはだかる壁






go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ