おしゃべり少女隊

あしたの自分にささやく日記。

WooRis(ウーリス)

2位は無視!? 「実は苦手なママ友」ワースト5&上手に付き合うコツ2つ

3位:我が子だけ特別扱いする(13.0%)

調査では、「同じグループにはいるけれど、“正直、苦手”と思っているママ友の特徴に当てはまるものをすべて選んでください(複数回答可)」と質問。その結果、3位に選ばれたのが「我が子だけ特別扱いする」でした。

会話の端々で、よその子どもをけなして我が子を褒めてみたり、あるいは何人かで遊んでいるのに我が子にだけ何かを与えてよその子には知らん顔をしたり……。あからさまに我が子を特別扱いするママに、辟易してしまう女性も少なくないようです。

 

2位:話しかけると無視することがある(15.0%)

続いて、2位になった特徴は「話しかけても無視されることがある」でした。

「ママ友を無視するママなんて、いるの!?」と思った読者もいるかもしれませんが、どこか上の空だったり興味がない相手だと気づかないフリをしたり……。

「また話しかけて無視されてもイヤだし、あの人とは距離を置こう」なんて苦手意識をもってしまう人が多いようです。



go to source

パパのセクハラで困ってます!保育士が悩む親のトンデモ言動5連発

1:先生を言い負かす

子育て熱心なお母さんなら、ネットや雑誌、書籍などで、さまざまな育児情報を仕入れていることでしょう。

また、2人以上お子さんがいるお母さんなどは、新米で未婚の先生に対し「私のほうが育児のベテランよ!」などと思ってしまうかもしれません。

しかし、もし先生と意見が食い違うようなことがあっても、“先生を言い負かすようなマネ”は差し控えるのが得策です。

<自分の意見を通すために先生たちを理づめで追いつめるのはやめたほうがいいと思います。結局のところ、保育や子育ては理屈じゃない部分があるので、議論に勝ってもそれほど成果が得られません。それよりも先生たちに「あの家は面倒だ」と思われるデメリットのほうが大きいと思います。>

もちろん、盲目的に園や先生の方針に従え、というわけではありません。不安なことや気になる点があれば、きちんと自分の意向を伝えるほうがいいでしょう。

ただ、その場合に「自分が正しい、あなたはまちがっている」という対立姿勢では、まとまるものもまとまりません。

子どもの成長を願うのは、親も先生も同じのはず。先生を言い負かすことを目的とするのではなく、子どものためにも先生と協力する姿勢で話し合いましょう。

 

2:連絡事項をすぐに忘れてしまう

先生が保護者に向けて書く“連絡帳”にきちんと目を通して、内容をしっかり把握していますか?

連絡帳には園での子どもの様子のほか、イベントのお知らせや期日までに準備してほしいものなどが書かれていますが、そうした連絡事項をいつも忘れてしまう保護者がいるようです。

<園のほうでも保護者に連絡事項を覚えていてもらえるように、いろいろと工夫をしています。

(中略)連絡帳に記載するタイミングも考えられています。早過ぎると保護者に忘れられてしまうし、遅過ぎると今度は「いきなり言われてもムリ」となってしまう。どの連絡事項をどのタイミングで伝えるのがベストか。先生たちは常に計算しています。>

そのように、先生たちがいろいろ工夫をしているにもかかわらず、保護者が「忘れていた」「知らなかった」の連続では、先生たちに“ダメ親”認定されかねませんよね。

何よりも、親がうっかりしていると、子どもたちにとってはとんだ災難です。親のせいで、自分だけ必要な準備物がなかったり、楽しみにしていたイベントに参加できなかったりするのですから……。

仕事で毎日忙しいお母さんもいるでしょうが、ぜひ連絡帳にはしっかり目を通して、内容を忘れないようにしましょう。

 

3:持ち物に名前を書かない

“持ち物や洋服に名前を書いてください”とさんざんお知らせしているにもかかわらず、従わないお母さんが増えているといいます。

「うっかり忘れていた」とか「たくさんあって大変」という理由ならまだわかりますが、最近では“リサイクルで売れなくなる”とか“ブランド服だから”なんて理由もあるのだとか……!

しかし、洋服や持ち物の紛失・取り違えで困るのは子どもです。「うちの子はしっかりしているから大丈夫!」というつもりでも、周りのお子さんのせいで持ち物がまぎれてしまうおそれもあります。

自分のものと他人のものをはっきり区別できるように、園で使うものには必ず名前を書きましょう。



go to source

ヨレヨレでボロボロ…世の夫の「妻の下着への不満」ワースト1位は?

5位・・・同じ下着を着続けている(8.2%)

5位に選ばれたのは“同じ下着を着続けている”でした。

・「ヨレヨレな物を着けている」(50代男性)
・「ボロい」(40代男性)

いくら見えない場所だからといって、ヨレヨレな下着を身につけている妻に夫はゲンナリ。

実際にランジェリーショップの店員さんに伺ったところ、ブラジャーであればワイヤーが変形していたり、くたびれた印象になっていれば、それは既に替え時。そうでなくても、半年に一度くらいはショップでサイズを測ってもらうほうがいいそうです。

 

4位・・・清潔感がない(9.6%)

女性としてショックを受ける結果です。4位は“清潔感がない”でした。

・「汚い!」(30代男性)
・「できる範囲でかまわないから、きれいなものを身に付けてほしい」(50代男性)

5位の“同じ下着を着続けている”ために、清潔感がなくなってしまっているのかもしれませんね。

高級なものを頻繁に買い替えるのは大変ですが、そうでなければ定期的に新しいものを購入したいところ。同じ屋根の下に住んでいて「清潔感がない」と思われているのは嫌ですよね……。

 

3位・・・夫好みの下着を着てくれない(12.3%)

夫の意見も聞いてあげて! “夫好みの下着を着てくれない”が3位に選ばれました。

・「妊婦用の下着を出産後も付けている」(20代男性)
・「もうすこしかわいい柄がいい」(40代男性)

産後も妊婦用の下着をしばらく着用していたという女性も、少なくないのではないでしょうか? 着慣れてしまうと、なんとなくラクで着続けてしまいますよね。

また、夫の好みと自分の好みが違う場合、なかなか相手に合わせるのも難しいものです。でもたまには一歩譲歩して、下着1組くらい夫の意見を取り入れて選ぶと喜んでくれそうですよ。



go to source

見落としがちな「雑菌だらけ」アイテム4つと上手なお手入れ方法

1:エコバッグ

買い物の際に使うエコバッグ。実は、雑菌がいっぱいだって気づいていましたか? エコバッグの中は、お惣菜や野菜のクズなどがこぼれ落ちたり、肉や魚のパックに付着した水分や汚れなどがつくため、こまめに洗わないと雑菌が繁殖しやすくなります。

エコバッグは週に1度は必ず洗って、常に清潔にしておきましょう。雑菌が繁殖した状態で使い続ければ、新しく買った食材に菌がついてしまうこともあります。

 

2:缶切り

缶切りを使ったあとは、毎回きちんと洗っていますか? 水気をササッと拭くだけで片付けちゃっていませんか? 缶切りには、缶詰の汁や食品が付着するため、そのままにしておくと、すぐに雑菌が繁殖してしまいます。

缶切りを使ったあとは、食器用洗剤を溶かしたお湯もしくは食器洗浄機に入れて毎回洗うようにしましょう。サビやすい製品については、一晩お酢につけておきましょう。サビ予防になりますし、雑菌の繁殖も抑えることができます。

 

3:電話

驚くことに、電話にはトイレ便座と同じかそれ以上の雑菌が付着しているのだそうです。家族みんなの手の汚れやつばなどで覆われた電話。残念ながら、ササッと拭いただけでは、雑菌をきれいに取り除くことはできません。

眼鏡ふきなどのマイクロファイバーの端を少し濡らして拭いてから、乾いた部分で再度汚れを拭き取りましょう。細かい部分の汚れについては、綿棒等を使ってきれいにします。



go to source

基本から学ぶ「ダシのとり方」煮干し・昆布・かつお節の時短テク

NG1:煮干しの頭とはらわたを取らない

煮干しを使ってダシをとっているという方、いませんか? 煮干しを使用したダシはとてもコクがありしっかりとしたダシがとれるので、ダシのうまみを味わいたい方は愛用していることと思います。

しかし、その際に絶対にやっておかなければならないことがあります。それは“煮干しの頭とはらわたをしっかり取り除く”ということです。「丸々使ってダシをとった方が、コクのある美味しいダシがとれる」と勘違いしている方が、実はいるのです。

頭やはらわたからは苦みが出て香りも悪くなりますし、エグみも出てしまいます。「時短のために丸々使っちゃおう……」なんてことはダメ! 絶対に頭とはらわたは取り除きましょう。

 

NG2:昆布ダシをとる際に煮立たせている

昆布ダシ派のご家庭では、どういった方法でダシをとっているでしょうか。

昆布ダシは風味と香りの良いダシで、使う料理を選ばないのも優秀な点です。しかし、昆布ダシを煮立たせてしまっていませんか?

昆布ダシをとる際は沸騰させない、という話は有名です。

沸騰させると昆布のネバネバ成分が溶け出してしまい、風味も損ねてしまいます。「時短のため」と強火でガンガン沸騰させてはいけません。昆布のエグみや磯臭さが出てきてしまいます。

それだけでなく、せっかくのうまみまで飛んでいってしまいますから、気を付けましょうね。



go to source

規約
・提供する記事・データなどの著作権(編集著作権)は、情報提供者及び情報提供会社に帰属します。
・提供する記事・データなどの利用は利用者自身の責任と判断において行うようお願いします。
・提供する記事・データなどの利用による損失、損害については、一切責任を負いません。
リンク
記事検索
ニュース
  • ライブドアブログ